街角パパラッチ。全身コーデ実例集 Vol.21
2018.01.17
FASHION

“自分らしく”のヒントあり! それぞれのデニムにそれぞれの正解

デニムを格好良く“こなす”ためのベストHOW TOとは? それは、とにもかくにも「自分らしく」着ることだ。でも「自分らしく」ってなんだ?

そんな悩めるオッサンたちには、これから紹介する彼らの着こなしを見てほしい。いずれもデニムコーデの腕を上げるエッセンスが含まれているのだ。十人十色のデニムライフをご覧あれ。

 

松岡陽介さん(32歳)

デニム/リー、ベスト/パタゴニア、スウェット/A.P.C. 、靴/チャーチ、サングラス/レイバン

定番のパタゴニアのフリースベストは大抵の服と相性がいい。だからこそ、基本のキといえるデニムとのコーディネイトを改めて。サイズ感を変えるだけで、いろんな表情になるのも楽しさ。ちょっとルーズな感じのデニムで、リラックス感満点のアメカジスタイルなんて、オッサン好みでしょ!?

 

吉澤和樹さん(35歳)

デニム/リーバイス、ジャケット/不明、靴/スイコック、腕時計/セイコー

シンプルな着こなしの中に見せる圧倒的なバランスの良さ。中庸なシルエットのデニムを小気味良くロールアップさせ、白いソックスで清潔感を。靴のボリューム感も効果的だ。若作りでもなく、オッサン臭くもない。オーシャンズが目指すデニムカジュアルの一例だ。

 

大内康範さん(39歳)

デニムジャケット/ザ ハードマン

カバーオールが徐々に復活中。こんな感じで。

 

佐々木 準さん(46歳)

デニム/ネイバーフッド

ボトムスに重心を作るとこんなに新鮮に見える。

 

上條 豪さん(30歳)

デニム/ゲス

スリムフィットデニムのカットオフがコーデの決め手。

 

澤井勇典さん(32歳)

デニム/サタデーズニューヨークシティ

ブラックジーンズのノームコアな着こなしを。

 

時多 翼さん(33歳)

デニム/ビズビム

自分のキャラを活かすと、こうシャレる。

 

トップス、ボトムスに。思い思いのらしさが詰まったデニムコーディネイト。彼らの姿を見て、「いや俺ならこれは……」なんて読者の声も聞こえてきそうだ。まぁ、自分がどう楽しめるか、結局それが大切なんだけどね。

# デニム
更に読み込む