2020.02.25
CAR
PR

「JEEP=男の車」は誤解。コンパスが持つ汎用というスペックがもたらす価値

かつては目的に応じて車を乗り分けることに憧れた。しかし、今では一台を使いこなすほうがスマートだと思う。ジープ コンパスならそんなわがままにも応えてくれる。

村上春樹の『国境の南、太陽の西』は、誰もが抱える絶対的な孤独とそれでも歩んでいかなければいけない人生との対峙の物語だ。バブル絶頂期、主人公はジャズバーを経営し、青山に妻と2人の娘と住む。裕福で満ち足りた生活だが、決して共有できない過去に苛まれる。

そんな夫婦像を暗喩するのが、妻が買い物や娘たちとの移動に使う赤いジープ チェロキーだ。たとえ別荘に向けて家族で乗っても、それは妻であり、家族という象徴であり、主人公が乗るドイツ車とは互いを補完しつつも結局相容れない。そんなふたりの姿を滲ませるのだ。だがもしそこにジープ コンパスがあったら、まったく違う物語が生まれたかもしれないと思ってしまう。

JEEP COMPASS LIMITED ジープ コンパス リミテッド

JEEP COMPASS LIMITED
ジープ コンパス リミテッド
ボディサイズ:全長4400×全幅1810×全高1640mm
総排気量:2359cc
乗車定員:5名 価格:427万円
グランド チェロキー、チェロキーに次ぐサイズ感で、レネゲードとともにブランドのコンパクトSUVを担う。2006年に初代が誕生し、’17年にモデルチェンジ。最上級のリミテッドは、4WDに9速ATを組み合わせ、高速クルージングからオフロードの走破性を併せ持つ。実用性と高性能、そして風格を備えたアメリカンSUVだ。

「ジープ」 コンパス リミテッドの詳細はこちら

NEXT PAGE /

コンパスがもたらす「JEEP」であることの喜び

ジープ コンパスは、チェロキーよりもひと回り小さいコンパクトSUVだ。都市生活での日常的な使い勝手に軸足を置きながら、ジープブランドのDNAに則り、オフロードでも実力を存分に発揮する。

フロントグリルには、男なら誰もが憧れるロゴバッジとともに、伝統の7スロットグリルがあしらわれ、力強い足元は台形ホイールアーチとなる。4WDのリミテッドは、オート、スノー、サンド、マッドといった路面状況に応じたモードを選択でき、最適なパフォーマンスを発揮する。

フロントフェイスは、ブランドのフラッグシップであるグランド チェロキーを想起させる7スロットグリルを採用し、力強い存在感を与える。さらに1941年のジープ誕生以来、すべてのモデルに貫かれている伝統の台形ホイールアーチは、縁に樹脂パネルを備えることで、その存在を強調するとともにスタイリッシュなボディフォルムとも一体感を醸し出す。

例えば、週末に友人とスノボに出かける際には、ジープのスペックをフルで発揮する。

もちろんスタイルばかりでなく、リミテッドバージョンは待望の4×4システムを採用し、ジープの名に相応しい走破性を見せる。そんなアクティブかつスポーティな機動性は、友人とともに週末の趣味を楽しむにもいい。

「ジープ」 コンパス リミテッド の詳細はこちら

NEXT PAGE /

高い安全性で女性も運転が楽しくなる

パートナーにとっても、コンパクトなボディサイズや取り回しの良さは狭い住宅街やショッピングセンターでも扱いやすく、パワーリアゲートや高さ調整可能なカーゴルームが買い物の大変さもサポートしてくれる。

電話、カーナビ、オーディオ、エアコンなど、あらゆる機能をタッチパネルや音声で操作できる。またApple CarPlayとAndroid Autoに対応し、車内でも安全にスマートフォンが使用可能。女性には機能的なセンターコンソールポケットもうれしい装備だ。360°全方位にセンサーを張り巡らせ、前面衝突警報、アダプティブ クルーズ コントロールや、パーキングアシスト、車線逸脱防止支援システムなど、安全面にもあらゆる方向からサポートをしてくれる。

また上級セダンを思わせる落ち着いたインテリアは、実用的な足として違和感なく使いこなせるだろう。

「ジープ」 コンパス リミテッドの詳細はこちら

NEXT PAGE /

然るべき場所には、然るべき装いで

そんな異なる用途に一台で応えるばかりでなく、ふたり揃って出かけるときにもその真価を発揮する。

洗練された上質な佇まいは、快適な週末ドライブをはじめ、ホテルのバレーパーキングでも臆することなく、とっておきのふたりの時間をラグジュアリーに演出する。ふたりだからこそ喜びを共感し、そんな満足をもたらすジープ コンパスへの愛着も増すに違いない。一緒に乗り込む機会もさらに増えそうだ。

服装にTPOがあるように、然るべき場所では、車の佇まいにも気をつけたい。フロントからルーフへと流れるようなプロポーションは、本格オフローダーでありながらエレガンスが漂う。さらにツートンのブラックルーフは大胆なラインを強調するとともにプレミア感を演出し、街の風景にもラグジュアリーな存在感を漂わせる。

小説では、主人公は欠落の絶望を乗り越え、他者と共有できる幻想を自ら紡ぎ出すことを決意する。

何かを共有するということは、それを通して相手を知り、理解することだ。そしてたとえ離れていても相手の存在を感じ、慈しむ。そうした思いが互いをより強く結びつける。そんな関係性を大切にしたい。ジープ コンパスはまさにその期待に応えてくれる一台だ。

「ジープ」 コンパス リミテッドの詳細はこちら

[問い合わせ]
ジープフリーコール
0120-712-812
www.jeep-japan.com

 

水野美隆(zecca)=写真 佐々木基之=動画 松平浩市=スタイリング 小林雄美=ヘアメイク 柴田 充=文

モデル着用アイテム●
[オレンジのジャケットの男性]ジャケット9万円、ビブ7万7000円、靴1万6000円、バック2万1000円/すべてザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560) 
[青いダウンジャケットの男性]ダウンジャケット2万9000円、パンツ7万9000円/ともにホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス事業部 03-6369-8885)、ニットキャップ4000円/コムフィ(ロストヒルズ 03-6809-5582)、サングラス1万8000円/オークリー(ルックスオティカジャパン 0120-009-146) 
[女性]ブラウス4万4000円、デニム2万8000円/ともにラグ & ボーン(ラグ & ボーン 表参道 03-6805-1630)、バッグ4万1000円/トフ アンド ロードストーン(シップス 有楽町店 03-5252-7748)
[ジャケットの男性]ジャケット3万2000円、パンツ1万6000円/ともにスティル バイ ハンド(スタイルデパートメント 03-5784-5430)、ニット4万9000円/スカリオーネ(インターブリッジ 03-5776-5810)
[ワンピースの女性]コート2万9000円/ジャーナル スタンダード (ジャーナル スタンダード 表参道 03-6418-7961)、ワンピース4万9000円/アイロン(シップス 横浜店 045-290-5128)、バッグ14万5000円/ザンケッティ(エリオポール代官山 03-3770-6438)

# コンパス# ジープ
更に読み込む