2019.08.30
CAR
PR

海と空に映えるルノー「トゥインゴ」に乗って、父子で鎌倉半日ドライブへ

ルノー トゥインゴに乗って娘と海へ

[パパ]シャツ2万8000円、Tシャツ3700円/ともにフランク&アイリーン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、パンツ2万1800円/セラードア―、靴2万3000円/クラークス(ともにシップス 渋谷店 03-3496-0481)、[娘]ワンピース8000円(6歳~12歳)、ソックス4000円(2枚組)/ともにプチバトー(プチバトー・カスタマーセンター 0120-190-770)、その他スタイリスト私物

「海へ行ってみようか?」―― そんな朝の会話から急遽決まったドライブ。 娘と乗り込んだのは、リニューアルしたばかりのルノー トゥインゴだ。僕は、よりシャープな顔つきになったデザインとRR(リアエンジン/後輪駆動)ならではのトラクションの効いた走りに惚れて、妻は「パリらしさ」がテーマのインテリアとタッチスクリーンパネルの使い勝手の良さが気に入った。そして、最終的には娘の「コレがいい!」というひと言でマンゴーイエローの一台に決めた。

ルノー トゥインゴについて詳しくはこちら

まだ納車したてだから、今回が初めての本格的なドライブとなる。青い空と美しいコントラストを生むトゥインゴに乗って、さあ出発だ。

ショートボードだって乗る広々空間

朝イチでやってきたのは、鎌倉近くの七里ヶ浜。道中は、高速道路での走りも快適そのもの。娘も終始ゴキゲンだった。

twingo1
g_7705
[パパ]スイムパンツ1万5000円、サンダル1万1000円/レイニング チャンプ(サザビーリーグ 03-5412-1937)、[娘]すべてスタイリスト私物
g_4812
g_7195
g_7705
g_4812
g_7195

おっと、トゥインゴが小さいからといって見くびってはいけない。パリジャンたちは日本の倍近い面積を持つフランスを、バカンスの季節になると人も荷物もいっぱいに乗せてこの車で旅するのだから。2人きりの日帰りドライブなんて、文字どおり朝飯前といったところだ。

シートを倒せばショートボードだって収められるが、今日は自分と娘の分のボディボードを2枚乗せてきた。着替えやクーラーボックスなんかを積んでも、まだまだスペースにゆとりがあるというのが、この車のいいところ。水着に着替えて波打ち際へ。今日は気持ち良く晴れているから、江ノ島も富士山も綺麗に見える。

NEXT PAGE /

これなら駐車場でヒヤヒヤしない

朝から目一杯遊んでお腹を空かせたあとは、お昼を待たずにブランチ。ビーチを見晴らす「bills 七里ヶ浜」のテラス席で、潮風を感じながら冷たいドリンクで喉を潤す。オーダーしたのは、「ステーキのオープンサンドイッチ」と「フレッシュオージーブレックファースト」。目にも体にも美味しいヘルシーメニューを、いつもより時間をかけて堪能する。

twingo2
g_7826
g_7955
g_7936
g_7826
g_7955
g_7936

ところでトゥインゴは、駐車するときにストレスを感じないのもお気に入り。以前乗っていたSUVではヒヤヒヤしながら停めていたようなスペースでも、この車ならスルッと一発で入れられる。ディメンションは全長3645×全幅1650×全高1545mm。実はフロントにエンジンがないRR車の副次的なメリットとして、車内空間を広くとれるだけでなく、フロントタイヤの切れ角が思った以上に大きいのだ。最小回転半径4.3mという取り回しの良さは国産の軽自動車並み、といえばイメージしやすいだろうか。

「子供の送り迎えも、この車にしてからはすごくラクになった!」とは妻の弁。娘の友達からも、ウチの「黄色いカワイイ車」は人気らしい。

ルノー トゥインゴについて詳しくはこちら

NEXT PAGE /

日本の古都・鎌倉のシティクルージングを楽しむ

娘とのドライブデート。でも、浮かれて妻のことを忘れているわけではない。食後は鎌倉市内へと車を回し、新鮮な地元の野菜を売る“レンバイ”こと鎌倉市農協連即売所へ。今日は帰ったら「2人でお母さんにゴハンを作ろう!」ということになった。

twingo3
g_8214
[パパ]シャツ2万8000円、Tシャツ3700円/ともにフランク&アイリーン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、パンツ2万1800円/セラードア―、靴2万3000円/クラークス(ともにシップス 渋谷店 03-3496-0481)、サングラス2万5000円/レイバン(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 03-3514-2950)、[娘]ワンピース(6歳~12歳用)8000円、ソックス(2枚組)4000円/プチバトー(プチバトー・カスタマーセンター 0120-190-770)、その他スタイリスト私物
g_8111
g_8214
g_8111

レトロな雰囲気が楽しいレンバイには、地元の農家が直接販売する鎌倉野菜がずらり。見たことのないような色や形の野菜に娘も興味津々。野菜を手にとって吟味する体験も、彼女には新鮮な驚きのようだ。

車に2人で両手いっぱいの買い物袋を積みこんでも、ハッチバックはまだまだ余裕。鎌倉市内は人も車もそれなりに混んでいて、細い道も通ったけれど、トゥインゴは取り回しがラクで小回りも利くから、運転も駐車もお手の物。パリの石畳の街を颯爽と駆け抜ける様をちょっぴりイメージしながら、日本の古都・鎌倉のシティクルージングを楽しむ。

NEXT PAGE /

パワフルなエンジンはワインディングで本領発揮

鎌倉山のワインディングで本領を発揮したのは、リアに積まれたコンパクトかつパワフルなエンジンだ。上り坂で音を上げるどころか、むしろ水を得た魚のようにキビキビと走る秘密は、伸びのある加速フィールをもたらす0.9Lターボ3気筒エンジンと、後方から押し出されるような感覚のトラクションを生むリア駆動システム。走りにも妥協しないコンパクトカーだからこそ、トゥインゴはヴァカンスを楽しむパリジャン・パリジェンヌに受け入れられているのだ。

帰路につく前に、もう一度海が見たくなって海辺のパーキングへ。今日一日のできごとを話す娘の言葉は止まらない…。

トゥインゴと一緒に、僕たちはこれからもたくさんの思い出をつくっていくだろう。娘の笑顔とともに。

【ルノー トゥインゴ EDC】
ヘッドライトの外周には、ルノーブランドのアイコンともいえる「CシェイプLEDランプ」「Cシェイプウインカー」を新たに採用することで、デザインがモダンになった。撮影を行った「ジョン マンゴー」は今回加わった新色だ。

サイズ:全長3645×全幅1650×全高1545mm
車両重量:1020kg
定員:4人
エンジンタイプ:ターボチャージャー付き直列3気筒DOHC12バルブ
総排気量:0.897L
最高出力:92PS
最大トルク:135N・m
価格:195万円

ルノー トゥインゴについて詳しくはこちら


【ドライブスポット】
1.bills 七里ヶ浜
オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニングの日本1号店。七里ヶ浜の海を目の前に望むロケーションは、週末のドライブスポットにぴったり。住所●神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-1-1 WEEKEND HOUSE ALLEY 2F

2.鎌倉市農協連即売所(レンバイ)
組合員である地元の農家が23軒、4班に分かれ、交代で出店する農産物直売所。新鮮な青果が買えるだけでなく、パン屋、魚屋、カフェなどもあり、地元客だけでなく観光スポットとしても人気。住所●神奈川県鎌倉市小町1-13-10

[問い合わせ]
ルノー・コール
0120-676-365
9:00〜18:00(年中無休)
www.renault.jp/car_lineup/twingo/index.html#TOP

川口賢典(stoique)=写真 土田拓郎=スタイリング RINO=ヘアメイク 大野重和(lefthands)=編集・文

# RENAULT# TWINGO# クルマ# トゥインゴ# ルノー
更に読み込む