連載
37.5歳からの愉悦

お酒が飲める年になって、ずいぶんと月日が流れた。「だいたい頼むものは決まっている」だなんて、いささかもったいない。有史以来続くアルコールの文化は、奥深いのだから。今こそ知るべし、お酒という名の文化を。まさに酸いも甘いもかみ分けた、大人の愉悦なのである。

下北沢のスナックで、ネコ思いの看板娘に恩返しをしたかった
2018.09.13
吉祥寺の立ち呑み屋で、アイルランド育ちの看板娘に後光が射した
2018.09.06
恵比寿のワイン&チーズビストロで、看板娘の神接客にとろけた
2018.08.30
新宿御苑のスナックで、気さくな看板娘が初対面とは思えなかった
2018.08.23
青葉台の鶏バルで、いじられキャラの看板娘にヒップがホップした
2018.08.16
六本木のハッカーズバーで、看板娘にハートをハッキングされた
2018.08.09
中野の熟成肉ビストロで、群馬産の看板娘のアミノ酸を味わった
2018.08.02
代田橋の沖縄バルで、酔うと閃く看板娘に生ビールをごちそうした
2018.07.26
新宿の鰻&ジビエの店で、イニエスタを愛する看板娘が優勝した
2018.07.19
神田の地ビール専門店で、ビール愛を熱く語る看板娘に深く頷いた
2018.07.12
江古田のモダン大衆酒場で、談笑力が高すぎる看板娘に恐れ入った
2018.07.07
武蔵浦和のワインバルで、ハリネズミ好きの看板娘にほのぼのした
2018.06.28
代々木上原のビアバーで、土曜限定の看板娘にハッピーをもらった
2018.06.21
中野のおでんバルで、天才的な絵を描く看板娘にキュンとした
2018.06.14
原宿のラーメン店で、ストイックな修行を続ける看板娘を応援した
2018.06.07
荻窪のお座敷スナックで、実家の農作業を手伝う看板娘に涙ぐんだ
2018.05.31
渋谷の焼酎ダイニングで、酔って裸足で帰宅した看板娘に昂ぶった
2018.05.24
原宿の名居酒屋で、原宿生まれの看板娘の気配りに拍手を送った
2018.05.17
武蔵小金井のダイニングで、ゴミ拾いが趣味の看板娘を賞賛した
2018.05.10
五反田のコワーキングスナックで、気遣い屋の看板娘にジンときた
2018.05.03
恵比寿のダーツバーで、「乾杯」が書けない看板娘にほっこりした
2018.04.30
御徒町の炭火焼居酒屋で、看板娘と心踊るハイタッチをキメた
2018.04.19
G街のバーで、「もったいない精神」を発揮する看板娘に感心した
2018.04.07
新宿ゴールデン街のバーで、客に愛される看板娘にハンナりした
2018.03.29
中野の野球居酒屋で、野球愛を熱く語る看板娘を胴上げしたかった
2018.03.22
国分寺のスナックで、おばあちゃんっ子の看板娘に胸が熱くなった
2018.03.15
池袋の旅酒場で、ギャンブル好きの看板娘に「おっと」が飛び出た
2018.03.08
西荻窪の割烹で、北九州弁が抜けない看板娘に胸が震えたっちゃ
2018.02.28
下北沢の横丁で、ハイジのような看板娘と絶品カレーに悶絶した
2018.02.15
神保町の名店で、看板娘が勧める“締めの出汁割り”に感動した
2018.02.08
東中野のコアな酒場で、鳥カフェ巡りが趣味の看板娘にときめいた
2018.02.01
カップ酒で酔って締めはラーメン! 「ビストロde麺酒場 燿」
2018.01.25
美味しいカップ酒と絶品うどんで昇天間違いなしの「たか乃」
2018.01.18
元蔵人の女性が厳選したカップ酒が並ぶ「まるごとにっぽん 蔵」
2018.01.11
外飲み用の焚き火カップ酒もプロデュースする「味ノマチダヤ」
2018.01.04
鉄道旅行気分で飲める人形町のカップ酒・缶詰バー「キハ」
2017.12.28
浅草のレトロな地下街で元気な忍者が迎えてくれる「NINJABAR」
2017.12.21
新宿の穴場!47都道府県のカップ酒を揃える「てんてんてん」
2017.12.14
64年の東京五輪に合わせて発売!「ワンカップ大関」の凄い歴史
2017.12.07
築地市場でオレンジワインを推す“ネオな”角打ち「酒美土場」
2017.11.30
銀座で至高の天国を味わえる“ネオな”角打ち「君嶋屋」
2017.11.23
地下に秘密基地のような空間が広がる“ネオな”角打ち「山本商店」
2017.11.16
創業130年、最前線ワインを出す“ネオな”角打ち「相模屋本店」
2017.11.09
1200種類のクラフトビールにクラクラする“ネオな”角打ち「びあマ・びあマBAR」
2017.11.02
代官山で“ネオな”名杜氏たちを応援する角打ち「未来日本酒店」
2017.10.26
自家製スパークリングワインが “ネオな”角打ち「東京屋」
2017.10.19
酒蔵から直送。茨城の水と米にこだわる”ネオな”日本酒角打ち「窖」
2017.10.12
【終着駅で飲む】小島新田に個性派の常連が集う角打ちあり!
2017.10.11
ワイン専門の角打ち「no.501」。店名に込められた“ネオな”こだわり
2017.10.05
【終着駅で飲む】西馬込に梅干しレモンサワーを出す名店あり!
2017.09.28
【終着駅で飲む】武蔵五日市の駅前に登山客も引き寄せる名店あり!
2017.09.21
僕にとってレモンサワーは「本質的な楽しみ方を受け継いでくれているお酒」なんです
2017.09.03
私にとってレモンサワーは「初めてベッドインする若い女性」なんです
2017.08.27
僕にとってレモンサワーは「だんだん濃くなる人生」なんです
2017.08.20
私たちにとってレモンサワーは「ノーブラで会える旧友」なんです
2017.08.13
僕にとってレモンサワーは「お婆ちゃんのシュミーズ」なんです
2017.08.06
私にとってレモンサワーは「浦和レッズがくれたプレゼント」なんです
2017.07.30
僕にとってレモンサワーは「おきざりにした悲しみ」なんです
2017.07.23
レモンサワーの奥深さを理解するために、まずは1カ月飲み続けてみた
2017.07.12
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12
このままキャンプに行けるスタイルも色みでシックに
2018.09.10
動きやすく、シンプルで。 なら、スパイスもお忘れなく
2018.09.08
トップスとボトムスにメリハリを。夏の軍モノの最適解、ここにあり
2018.09.06
「左右対照」というユニークさ。腕時計へのこだわりも際立つ
2018.09.05
大人のモード系のお手本。若い人には出せない、このカッコ良さ
2018.09.04
スポーティなコーデにスポーティな腕時計。こだわりが随所に
2018.09.04
無駄のないシンプルさ。腕時計を大人らしいアクセントに
2018.09.04
モノトーンコーデを飾る小物たち。トレンドに自分らしさを加えて
2018.09.03