OCEANS

SHARE

2023.10.10

ファッション

実践スタイル3例で解説!スーツの“ハズし”はスニーカーだけでなくサンダルもアリ。その際の注意点とは


▶︎すべての写真を見る

スーツの“ハズし”としてコントラストを高めるなら、最高にヌケ感の生まれるサンダルという挑戦もアリ。

起毛素材ならばさらにスーツの質感と差がつくうえ、上品さも加わり、バランスよくまとまるはずだ。

「起毛革」でスーツとコントラストを!

サンダル2万2000円/アイランドスリッパ(GMTd 03-5453-0033)

サンダル2万2000円/アイランドスリッパ(GMT 03-5453-0033)


名門ドーメル社が手掛けたシャリ感のある生地のブルーグレースーツに、細ボーダーのカットソーをインしたユーロプレッピーなテイスト。ここに、クロスストラップのアイランドスリッパで軽やかさを強調。

サンダル2万2000円/アイランドスリッパ(GMTd 03-5453-0033)、スーツ13万2000円/ブリッラ ペル イル グスト(ビームスF 03-3470-3946)、Tシャツ6930円/ヘルスニット(ヘルスニット・ブランズ 03-3833-1641)、サングラス4万9500円/GLCO(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)

サンダル2万2000円/アイランドスリッパ(GMT 03-5453-0033)、スーツ13万2000円/ブリッラ ペル イル グスト(ビームスF 03-3470-3946)、Tシャツ6930円/ヘルスニット(ヘルスニット・ブランズ 03-3833-1641)、サングラス4万9500円/GLCO(グローブスペックス エージェント 03-5459-8326)


アッパーの黒スエードが、引き締めと色気の演出に貢献してくれる。


2/2

次の記事を読み込んでいます。