OCEANS

SHARE

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 三者三様の“リズム”を刻む「レッドカード トーキョー」の別注デニムスタイルをパパラッチ

2023.03.28

ファッション

三者三様の“リズム”を刻む「レッドカード トーキョー」の別注デニムスタイルをパパラッチ



リアルな色落ち加工とシルエットの妙から、多くの支持者を獲得しているレッドカード トーキョーの大定番「リズム」シリーズ。

とりわけセレクトショップとの強固な連携を武器にリリースされる別注は、各社異なる味付けが見どころだ。早速、注目の3本をチェック!

レッドカード トーキョーの大定番「リズム」&「リズム プラス」

[左]リズム プラス[右]リズム 各2万3100円/レッドカード トーキョー(ゲストリスト 03-6869-6670)

[左]リズム プラス[右]リズム 各2万3100円/レッドカード トーキョー(ゲストリスト 03-6869-6670)


[左]リズム プラス
「リズム」より、−5cmの裾丈設定に。アンクル丈としてだけでなく、より多くの裾上げを必要とする人にもジャストにはける。ブラックのみ「リズム」と同素材で、それ以外のカラーはより軽量な生地を採用。立体加工などの細かなダメージにも心惹かれる。

[右]リズム
リニューアルしたスリムテーパードデニムは、従来より股ぐりを2.3cm深く、ウエストを1.5cm細くして腰回りのフィットを向上。それに伴いレングスも2cm伸ばして、ジャストレングスで脚長に映るように。カイハラに別注したストレッチデニムを採用する。

レッドカード トーキョーの定番スリムテーパード、「リズム」シリーズ。登場から今までアップデートを繰り返し、より現代的に映るように模索されてきた。

日本人向けに緻密に計算することで、シルエットの満足感が高く評価されてきた実績に加えて、岡山の提携工場による手作業を含むリアルな色落ち加工にも優れる。

かつ、腿のアタリや膝裏のハチノスなど、海外製デニムではズレがちな加工の位置がキマリやすいという点は、泣く泣く裾上げをしてきた我々にはうれしいところだろう。

現在は、ウエストのフィット感を高めて、ジャストレングスで脚長に映る効果を狙った最新「リズム」と、それをベースに−5cmのアンクル丈に仕上げた「リズム プラス」の2種を展開。このいずれかに人気セレクトショップが“独自のリズム”で別注を仕掛けた格好だ。

三者三様の魅力を備えた人気作、アナタならどれを選ぶ? 各セレクトショップから選抜されたデニム好きのはきこなしをぜひ参考にされたし!
2/3

次の記事を読み込んでいます。