OCEANS

SHARE

2023.01.03

フィアット「デュカト」日本上陸。欧州キャンピングカー界の絶対王者の仕様をチェック!

日本に導入されるのはデュカトのバンタイプ。本国にはトラックのほか、架装される前提のキャビン+シャシーのみもある

日本に導入されるのはフィアット「デュカト」のバンタイプ。本国にはトラックのほか、架装される前提のキャビン+シャシーのみもある。

▶︎すべての写真を見る

年末に、キャンピングカーを検討している人にとってのビッグニュースが飛び込んできた。ついに、フィアット「デュカト」の正規販売が始まったのだ。

これまでデュカトベースのキャンピングカーは国内でも数あれ、いずれも並行輸入車しかなかった。

正規販売されることで、アフターサービスの充実や、故障時等にはメーカーからの部品供給がスムーズになるなど、これまで以上に安心して乗れるのだ。

ヨーロッパの商用車・キャンピングカーの絶対王者的存在

バンの両側ドアはスライド式。バックドアは左右に開閉するタイプ

バンの両側ドアはスライド式。バックドアは左右に開閉するタイプ。


まずは、デュカトを知らない人のためにも、簡単に紹介しておこう。

フィアットのデュカトは、ヨーロッパ商用車市場において約7割という圧倒的なシェアを持つ、欧州の小型商用車(LCV=ライト・コマーシャル・ビークル)。

小型といっても全長は最大で約6mあり、全幅は2mを超える。ルノー「カングー」や「ハイエース」よりも大きく、ライバルにはメルセデス・ベンツの「スプリンター」やフォード「トランジット」などがある。

そんなデュカトは、キャンピングカーのベース車両としても人気が高く、ヨーロッパでのそのシェアは9割(!?)なんて声が聞こえてくるほど圧倒的だ。

言い換えれば、ヨーロッパのキャンピングカービルダーから絶大な人気を得ているのだが、なぜそんなに人気が高いのか。


2/2