OCEANS

SHARE

2022.09.11

あそぶ

「マイケル ブラスト」の電動自転車が上陸。気分も加速するクラシックデザインと最強スペック

「グリーサー・クラシック」39万6000円/マイケル ブラスト(エストネーション 0120-503-971)

「グリーサー・クラシック」39万6000円/マイケル ブラスト(エストネーション 0120-503-971)


▶︎すべての画像を見る


街乗りからちょっとした遠出までこなす利便性が魅力の電動自転車。

一方で、「ハイテクなのはいいけど、見た目はクラシックなデザインが好きなんだよね」という意見もわかる。

ということでこちらの一台。従来の電動自転車のイメージを覆すような武骨さに、何とも興味をそそられるはずだ。


「グリーサー・クラシック」39万6000円/マイケル ブラスト(エストネーション 0120-503-971)


作ったのはオーストラリアの「マイケル ブラスト」。バイク好きの友人同士が集まった小さなコミュニティからスタートし、3年がかりでヴィンテージバイク風の電動自転車を完成させた気鋭のブランドだ。

その後、旗艦モデルの「グリーサー・クラシック」が、2019年に本国でグッドデザイン賞を受賞するなど躍進。今では世界30カ国以上で展開されるまでに成長を続けている。

一見クラシックバイクのようにも見える男らしいデザインにグッとくるが、他に引けを取らないスペックも充実。その実力を紹介したい。

フレームにエンジンを乗せただけの、オートバイ黎明期を彷彿とさせるルックスが魅力。

フレームにエンジンを乗せただけの、オートバイ黎明期を彷彿とさせるルックスが魅力。


まずはフレーム。骨太なアルミフレームをベースに、振動吸収性の高いクロモリ製のフロントフォークで剛性を確保。

跨るとバイクのライディングスタイルのような前傾姿勢に。

跨るとバイクのライディングスタイルのような前傾姿勢に。


イギリスのカフェレーサースタイルを踏襲したデザインの通り、街中をクルージングするスタイルにピッタリとハマる。


2/2