OCEANS

SHARE

2022.08.04

ファッション

アディダス「サンバ」と「BW ARMY」。名作スニーカーの魅力は、今季の新色でさらに増す

右_「サンバ」0万0000円、左_「BW ARMY」0万0000円/ともにアディダス オリジナルス(ABCマート ●●●店 03-0000-0000)

右_「サンバ」1万3200円、左_「BW ARMY」1万2100円/ともにアディダス オリジナルス(ABCマート 0120-936-610)


90年代のスニーカーブームを知る世代にとって、忘れられない名作はひとつやふたつではないだろう。なかでも、アディダスのローテク顔のモデルたちは、カルチャー的な背景も相まって、僕らの心をずっと掴み続けている。

そんななか新色を纏って登場したのが、フットボールに起源を持つ「サンバ」と、ドイツ軍公式スニーカーとされる“ジャーマントレーナー”に起源を持つ「BW ARMY」だ。

それぞれプロダクトの背景に改めて迫りながら、新色を纏うことで得た新たな魅力を検証していきたい。

スポーツや音楽、さまざまなカルチャーで存在感を際立たせた「サンバ」

「サンバ」0万0000円/アディダス オリジナルス(ABCマート ●●●店 03-0000-0000)

カラーはブラウンとベージュの2色展開。「サンバ」1万3200円/アディダス オリジナルス(ABCマート 0120-936-610)


サッカーシューズとして誕生した「サンバ」。アディダスが創業した1年後の1950年生まれであり、その年に開催されたサッカーW杯ブラジル大会のために作られたといわれる。誕生から今まで根強い人気を誇っており、ブランドを代表するモデルであることは間違いないだろう。

全体をブラウンで統一した新作。

全体をブラウンで統一した新作。


誕生当時は、サッカーシューズということもあり、実際に試合で使用されることが想定された本格的な作りだったが、時を経て、さまざまなスタイルに変化を遂げていく。



90年代以降は、特にストリートスタイルで愛用されることとなり、サッカーという枠組みを超えて、ミュージシャンから服好きまで多くのファンを生んだのは、間違いない。

今も記憶に残るのは、ラスタカラーをまとった「サンバ」ではないだろうか。かのボブ・マーリーへのオマージュが捧げられており、音楽シーンとの強いつながりが感じられる。

アディダスといえば「スタンスミス」や「スーパースター」を思い描く人も多いだろうが、「サンバ」はアディダスのなかでも最も古い歴史を持ち、超ロングセラーモデルなのだ。

アディダスといえば「スタンスミス」や「スーパースター」を思い描く人も多いだろうが、「サンバ」はアディダスのなかでも最も古い歴史を持ち、超ロングセラーモデルなのだ。


このように、アディダスの歴史とともに進化してきたといえるのが、名作「サンバ」なのだ。
2/3