OCEANS

SHARE

2022.07.07

ライフ

人気のキャンプ系YouTuberは、広告・芸能事業を展開する「For you」で働く看板娘だった


「弊社の看板娘」とは……

ソフトボールでインターハイ出場、自転車で日本縦断にチャレンジ、仕事も兼ねてYouTuberデビュー。書き出してみるとなんとも眩しいキャリアだが、当人は「やりたいことをやっているだけ」と至って冷静だ。

そんな看板娘が働いているのは、『新しい時代のプロデュースで、未来の出会いと幸せを。』というビジョンのもと、デジタル領域における広告代理事業とタレント/インフルエンサーマネジメント事業を展開する「For you」。恵比寿のオフィスに向かう。

エントランスを入ると、いきなり吹き抜けが現れた。

▶︎この記事の画像ギャラリーを見る

かなりユニークな物件だということは、のちほど証明される。

かなりユニークな物件だということは、のちほど証明される。


さて、オフィスにお邪魔します。

看板娘の姿が見えますね。

看板娘の姿が見えますね。


では、ご登場いただきましょう。

「よろしくお願いします」。

「よろしくお願いします」。


こちらは広告メディア事業部で働く越川理沙さん。北海道の帯広で生まれ育った。

「冬はマイナス20度ぐらいになるし、何もない町ですよ。あ、でも、マルセイバターサンドで有名な六花亭の本社があります。柳月のお菓子も美味しいです」。

さらに、特産品は豚肉にじゃがいも。お姉さんが地元でじゃがいも農家をやっているそうだ。

じゃがいもの選別を手伝う姪っ子。

じゃがいもの選別を健気に手伝う姪っ子。


理沙さんは中学からソフトボールを始めた。ピッチャーとして活躍し、チームは全道大会で3位に入賞。その才能を買われて、札幌のお隣にある江別の強豪校に推薦入学する。

ここでもピッチャーを任され、1年生のときに初のインターハイ出場を果たす。

当時のメンバー。

当時のメンバー(真ん中上、青のノースリーブが理沙さん)。


マウンドに上がれば、バッターの手元でふわっと浮き上がる「ライズボール」で数々の三振を奪う。投げ方も教えてくれた。

このように、手首をひねってバックスピンをかけるという。

このように、手首をひねってバックスピンをかけるという。


もちろんバッティングセンスもよかった。高3では4番でセンター。いまでもひとりでふらっとバッティングセンターに行くそうだ。

「たまにホームランも出ます。先日、世田谷のオークラランドでもホームランを打ちました」。

ゴルフのスライスボールのような弾道だ……。

ゴルフのスライスボールのような弾道で、ホームランターゲットに吸い込まれていく……。


文武両道で勉強にもソフトボールにも真剣に取り組む。しかし、お調子者の一面もあった。

「キリスト教系の高校ですごく厳しいけど、たまにふざけちゃうんですよね。みんなで礼拝堂へ行く場面でちょけてみたりして、友達はめちゃウケでしたが、先生にはよく叱られてました」。

さらに、修学旅行先の沖縄ではホテルの風呂でふざけて遊んでいると、先生にバレて、理沙さんのクラスだけ翌日まるまる謹慎となる。

やることがないため、いかに部屋で楽しむかというアイディアを出し合ったそうだ。

たどり着いたのは「組体操」。

たどり着いたのは「組体操」(下段、右から2番目が理沙さん)。



2/2

RANKING