OCEANS

SHARE

2022.07.04

時計

パテック フィリップ、ブレゲ……ロマン溢れるワールドタイマーウォッチ6選



▶︎すべての画像を見る

旅は非日常だ。それが近場だったとしても部屋にこもっていては得られない刺激に溢れる。

冒険心と探究心を胸に抱いて飛び出そう。ワールドタイマーを備えた腕時計を携えて。

「モンブラン」

 

SSケース、43mm径、自動巻き。85万2500円/モンブラン 0800-333-0102


「モンブラン スター レガシー オルビステラルム」
ダイヤルはふたつの回転ディスクで構成される。上層には北極から見た大陸図が描かれ、周囲に世界24都市名を記したことでそれぞれのタイムゾーンがひと目でわかる。

さらに下層の2色に分けたディスクで各地の昼夜も表示。2015年登場の代表作をよりモダンなデザインでリニューアルし、視認性も増した。

「パテック フィリップ」

 

K18WGケース、38.5mm径、自動巻き。1120万9000円/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109)


「ワールドタイム 5231」
現在のワールドタイマーの始祖は、1930年に時計師ルイ・コティエが発明し、パテック フィリップが製品化した。’99年にはプッシュボタンで簡単に操作できる機能で特許を取得。

この伝統的な機構を美しく彩るのが、エナメル技法の中でも特に工芸的なクロワゾネ技法を用いた世界地図だ。新たに登場したK18WGケースは鮮やかな色彩を際立たせ、まるで絵画のように腕元を飾るのだ。

「ブレゲ」

 

K18WGケース、43.9mm径、自動巻き。892万1000円/ブレゲ(ブレゲ ブティック銀座 03-6254-7211)


「マリーン オーラ・ムンディ 5557」
一般的なワールドタイマーが文字盤に都市名を記すのに対し、本作は6時位置の小窓で表示し、都市を選べばその時刻を針が自動で指す。視認性を損なわないデザインと容易な操作性は、名門ならではの矜恃。

サファイアクリスタルを積層した審美性の高いダイヤルデザインにも注目したい。


2/2

RANKING