OCEANS

SHARE

2022.06.19

ファッション

40年前と今のレッドウィング「アイリッシュセッター」を徹底比較! その違いは……



▶︎すべての画像を見る

アメリカを代表するブーツブランド、レッドウィング。

彼らはその長い歴史のなかで、多くの銘品を生み出した。それらが今なお愛され続けるのは周知の事実だ。しかも、アーカイブに改めて光を当てる「アップサイクルプロジェクト」も始まった。
そこで今回は、代表作・アイリッシュセッターにフィーチャー。過去作と現行品とを徹底的に比較していく。

話を聞いたのはこの人!

阿部聖也●レッドウィング・ジャパンのアジア マーケティング マネージャー。ブランドのオフィシャルYouTubeのMCも務めている。

阿部聖也●レッドウィング・ジャパンのアジア マーケティング マネージャー。ブランドのオフィシャルYouTubeのMCも務めている。


ということで、レッドウィングのアジアマーケティングマネージャーを務める阿部聖也さんを直撃。「用意しました」と差し出されたのは、こちらの875だ。



あれ? アイリッシュセッターじゃないの?

「875は1950年代にリリースされた大定番の6インチブーツでして、アイリッシュセッターという名前は使っているレザーの色に由来します。いわゆるアイリッシュセッターといえばこちらで間違いないのですが……」。

と、なにやら複雑なご様子。実は、アイリッシュセッターと呼ばれるモデルには紆余曲折があり、本国アメリカでは一度“ディスコン”になった背景も。その後「アイリッシュセッター」という名前の別ブランドとして立ち上がったりするなど、事情が入り組んでいるのだ。

それでは気を取り直して、こちらの875について聞かせていただこう。

40年前と今で、実はほとんど変わってなかった!

左が1982年に発売された875、右が2022年の現行モデルだ。

左が1982年に発売された875、右が2022年の現行モデルだ。


「今回アーカイブとしてお持ちしたのは、1982年に作られた875です。会社の倉庫で保管しているデッドストックの状態ですが、今から40年前の靴ならではの味が出ています。対してこちらが、ジッパーユニットが付いた2022年の現行モデル。で、いきなりで恐縮なんですが、基本的にはほとんど違いはありません!」。



え! そんなはずじゃなかったんですが……。

「厳密にいえば、アッパーの質感であったり、年代によって革の感じが変わっているのは確かです。例えば今日お持ちした2つのブーツですが、使っているのは同じ種類の革。にも関わらず微妙に違って見えるのは、牛の飼育方法など環境そのものが異なるからです。

本当に細かいことを言えば、甲の部分のステッチなどにも若干の変化はあります。でも、大きな変更やアップデートは一切していないんです。あとは、製造された年代によってアッパーの刻印の有無や種類は異なります」。



ソールを見ると古いほうが少し黄色っぽく感じるが、これは経年変化によるもの。もとは現行品同様のホワイト色だったそうだ。波の山の数もほぼ一緒。

「スニーカーだと加水分解が起きがちですが、875のトラクショントレッドソールは加水分解しません。ただし、どうしても硬化するので、ソールの返りが弱くなってしまいます。ですので、古くなったら新しいソールに交換していただくことを推奨いたします。今もオフィシャルのロゴが入った自社製ソールは、昔からまるで変わりませんから」。

とはいえ何か違いはあるでしょうと食いさがると……。


 
「年代ごとに異なる点といえば、ブーツの内側に付いたタグですね。この古いモデル(写真右)には、タンの裏にアイリッシュセッターのタグが付属しています。一方の現行品(写真左)のタグは先ほどのいわゆる“犬タグ”ではなく、レッドウィングの“羽ロゴ”が記されています」。

犬タグは年代によってバラバラで、そのタグを見ることで発売の年代がわかるようになっている。ちなみに羽ロゴも2006年のアップデートにより、羽の視認性を高めたものに変わっているとか。


2/2

RANKING