OCEANS

SHARE

2022.05.29

かぞく

コロナ禍でセックス頻度は減っていた! 30代、40代既婚男性に聞いた「リアル性事情」

©︎Viacheslav Peretiatko/iStock

©︎Viacheslav Peretiatko/iStock

コロナ前後で見る「夫婦生活の“イマ”」とは……

夜の営みは、夫婦の愛情を確かめる重要なバロメーター。

第一回では、約8割もの既婚男性が「コロナ禍で夫婦仲が良くなった」と実感していることが判明した。となれば、セックスにもポジティブな変化があったのではないか?

そんな仮説を検証すべく、今回は「セックスの頻度」にまつわる質問を投げかけてみた。

セックスの頻度が増えた人はわずか1割



まずは、コロナ禍によるセックスの頻度の変化について質問してみたところ……。

なんと、「変わらない」人が68%を占める結果に。

また、「増えた」「どちらかといえば増えた」と回答した人はわずか9.5%しかおらず、むしろ22.5%が「減った」もしくは「どちらかといえば減った」と感じていることがわかった。

「コロナ禍で夫婦仲が良くなった」と答えた人が76%もいたことを考えると、この結果は驚き。どうやら仲が良くなったからといって、夜の営みが増えるという単純な方程式は成立しないらしい。

では、セックスが増えた夫婦、そうでない夫婦の何が違うのかを見ていこう。

 一緒に過ごす時間が増えた



まずは、「セックスの頻度が増えた」と答えた人の意見がこちら。
「自宅にいることが増えた」(40代・千葉県)

「テレワークで夜ゆっくりできる」(40代・東京都)

「子供をもうけたいため」(30代・兵庫県)

8割もの人が「一緒にいることが増えた」ことを理由に挙げていた。これは、第一回で調査した「夫婦仲に関するアンケート」の結果と同様の傾向が見られる。

やはり共に過ごす時間が増えることで、相手の魅力が再発見でき、愛が深まるのかもしれない。

また、30代の男性を中心に「妊活のため」という声も目立った。コロナ禍が今後の人生設計を話し合うきっかけになったのだろう。

体力・性欲の衰えが大多数



では、頻度が減った人の場合はどうだろう?
「どちらかといえば年齢的なもの」(40代・神奈川県)

「疲れがたまっているから」(40代・大阪府)

「性欲が減退している」(40代・東京都)

 特徴的だったのが、これらの理由を挙げた男性のほとんどが40代だったこと。

若い頃なら一晩寝れば体力が回復していたし、セックスをする気力もあった。だが、歳を重ねるとどうも昔のようにはいかないようだ。
「こちらから求めても妻が相手をしてくれない」(40代・兵庫県)

「妻が子供と常にいるのでやる機会がない」(30代・神奈川県)

続いては「妻がセックスしたがらない」という理由がチラホラ。年齢的なものはもちろん、仕事や家事・育児などが忙しく、身体的な余裕もないのかもしれない。

そのほかには「二人でいる時間が増えすぎて刺激が無くなってしまった」「妻を性的に見れなくなっている」という声もあがった。


2/2

RANKING