OCEANS

SHARE

2022.03.19

ライフ

アシックスの初代「ゲルカヤノ」を指先で作ってみた! 素材も工程もガチでどハマり必至

これ、なんか見覚えない?

これ、なんか見覚えない?


スニーカーは好きでも、どういう工程を踏んであのカタチになるのか、構造まで語れる人はそう多くないはず。

▶︎製作動画も公開

「はい、全然わからないです」って人も、「想像はつくよ、何となく」って人も、スニーカー愛さえあれば絶対に楽しめるワークショップがある。それが……



日本が誇るグローバルスポーツブランド「アシックス」による、ミニチュアシューズワークショップである。

実を言うとこのワークショップは、神戸にあるアシックススポーツミュージアムで以前は定期開催されていたもの。コロナ禍で休止を余儀なくされていたのだが、この3月からオンライン開催にこぎつけたそう。

講師の説明とともに、実際に作っている手元を見ながら1時間40分ほど。じっくりシューズづくりができるのだが、ただのミニチュアと侮るなかれ。超本格的で濃密な没入時間が過ごせるのだ。

オニツカタイガーのトレーニングシューズ「リンバー」をはじめ、往年の名作をベースにデザインされたアッパーは総勢24種類。ラインナップは月ごとに入れ替わるそうで、どのミニチュアキットになるかは、届いてからのお楽しみ。

オニツカタイガーのトレーニングシューズ「リンバー」をはじめ、往年の名作をベースにデザインされたアッパーは全24種類。ラインナップは月ごとに入れ替わるそう。


しかも、素材はすべて実際のシューズの残材から作られているという。そんなサステナ視点とともに、このワークショップが面白いのは、ただパーツを組み上げるだけの工作で終わらないところ。

今も実際に行われているシューズ製作の基本工程に則っていて、「なぜ、この順番で組み上げるのか」といったノウハウに触れることができるのだ。

前置きはこのくらいにして、さっそく作ってみるとしよう。

2/3

RANKING