OCEANS

SHARE

例えば車に“置きジャケ”という使い方もあり

ショーツ1万3200円、Tシャツ7700円、ニット3万1900円、キャップ6600円/すべてブルックス ブラザーズ、バックパック2万3100円/ブルックス ブラザーズ×アウトドアプロダクツ、ステンレスボトル4950円/ブルックス ブラザーズ×ハイドロフラスク(すべてブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、その他すべて私物

ショーツ1万3200円、Tシャツ7700円、ニット3万1900円、キャップ6600円/すべてブルックス ブラザーズ、バックパック2万3100円/ブルックス ブラザーズ×アウトドアプロダクツ、ステンレスボトル4950円/ブルックス ブラザーズ×ハイドロフラスク(すべてブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、その他すべて私物


リップストップ生地のセットアップ
上ではセットアップと単品使いでまったく別のコーディネイトだったが、こちらは羽織りのジャケットの有無で印象を変化させているのがポイント。

ジャケット6万4900円、ショーツ1万3200円、Tシャツ7700円/すべてブルックス ブラザーズ、バックパック2万3100円/ブルックス ブラザーズ×アウトドアプロダクツ(ともにブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、その他すべて私物

ジャケット6万4900円、ショーツ1万3200円、Tシャツ7700円/すべてブルックス ブラザーズ、バックパック2万3100円/ブルックス ブラザーズ×アウトドアプロダクツ(ともにブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)、その他すべて私物


ジャケットを助手席に置いて身軽な格好で出かけ、車に戻って着替えれば、セットアップスタイルに早変わり。手軽ながら見た目のギャップを作れるアレンジが、簡単に楽しめるのがいい。

春夏のカジュアルで使うならこんな生地感がベスト。

[左]ジャケット6万4900円、ショーツ1万3200円、[中]ジャケット3万1900円、ショーツ1万4300円、[右]ジャケット6万4900円、ショーツ1万3200円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)

[左]ジャケット6万4900円、ショーツ1万3200円、[中]ジャケット3万1900円、ショーツ1万4300円、[右]ジャケット6万4900円、ショーツ1万3200円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-02-1818)


[左]程良い伸縮性とタフネスを兼備したリップストップ生地を採用。サラリとしたタッチで動きやすさと肌なじみがちょうどいい塩梅だ。

[中]生地に縞状のシボがあり、直接肌に触れる面積が少ないことから、清涼感とドライタッチを得られるのが特徴。ブルックス ブラザーズの夏のアイコン素材。

[右]表面に凸凹状の畝がある2重織り組織の生地を使用。アンコン、ソフト仕上げのテーラード縫製で春夏らしい軽やかさを演出している。


[問い合わせ]
ブルックス ブラザーズ ジャパン
0120-02-1818
www.brooksbrothers.co.jp

清水健吾=写真 荒木大輔=スタイリング 小林雄美=ヘアメイク 原田えり=文

SHARE