OCEANS

SHARE

2022.02.12

ニュース

藤原ヒロシ×ポケモン「サンダーボルト プロジェクト」のホテルに潜入。お土産、宿泊費、期間などを調査!

藤原ヒロシ氏が率いる「フラグメント」と「ポケモン」がタッグを組んだ「サンダーボルト プロジェクト」による“ホテルプロジェクト”。

黒いピカチュウが先約?


SNSなどでは早くも話題になっているが、サービスの全容がイマイチわからない……ということで、潜入してきた!

場所は渋谷のど真ん中! 子供より大人がアガる演出の数々


まずホテルは、渋谷・宮下パーク内のホテル「シークエンス」の16階だ。

このフロアにある21室がどれも「サンダーボルト プロジェクト」仕様にアレンジされたスペシャル空間で、壁紙はなんと、ゲームボーイ時代の“ドット絵”。

これだけでテンションがアガるオーシャンズ世代も多いはずだ。しかも、部屋に入ると胸にフラグメントマークを持つ黒いピカチュウかカビゴンが迎えてくれる。

今コラボの証となるルームキー。

ルームキーもスペシャル仕様。


ふしぎなアメ(220円)とサイコソーダ(275円)は限定ショップでも購入可能だ。

「ふしぎなアメ」と「サイコソーダ」はホテル内の売店でも購入可能。


さらに、特別仕様のルームキーや、ポケモンに登場する「ふしぎなアメ」「サイコソーダ」「おいしいみず」……といった粋なプレゼントがあったり、ここでしか読めない「ポケモン図鑑」があったりと、ニクい演出が盛りだくさん。

こちらの中見は「ポケモン図鑑」だ。

こちらが「ポケモン図鑑」。これは持ち出し厳禁。


ほかにもまだまだある。

室内のお土産セットは実際はビニールに入っている。

室内に置かれたお土産セット。ビニールに入った状態で置かれている。


上写真左の「シティ マップ」は広げるとこんな感じ。渋谷の街並みのあちらこちらに「ポケモン」のキャラクターが!

こちらもお土産のひとつ「シティ マップ」。広げると……あら素敵。どこかの街並みを彷彿させるマップになっている。


ポケモンのキャラクターで、体毛から香りを発するフレフワンからインスパイアを受けた香り付きのアメニティセットやスリッパ、タオル類なども、お土産としてぜ〜んぶ、お持ち帰りできる。



しかも、宿泊者を出迎えてくれる、黒いピカチュウかカビゴン(ランダムに置かれている)も連れて帰っていいのだ!

この部屋に泊まれるのはいつまで? 気になる宿泊費は?


大きな窓からは渋谷の街並みを見渡せる。

大きな窓からは渋谷の街並みを見渡せる。


眠る前にもう、存分に楽しめてしまった感があるが、それだけではない。

1611号室は、本プラン宿泊者だけがショッピングできる売店となっていて、さまざまなグッズを販売。パーカやクッションなど、こちらでしか手に入らないレアなアイテムなどが多数揃う。

ポケモンの世界をイメージした廊下の壁は、森に迷い込んだかのようなグラフィックをデザイン。

ポケモンの世界をイメージした廊下の壁には、森に迷い込んだかのようなグラフィックが。


ポケモンの世界をイメージした廊下の壁は、森に迷い込んだかのようなグラフィックをデザイン。床には人工芝が敷かれ、サイドに草木が植えつけられている。で、よく見ると草むらに草で作られたピカチュウがいたりする。

床には人工芝が敷かれ、サイドに草木が植えられている。で、よく見ると草で象られたピカチュウ発見!


また、それらを移動する際の廊下といった共用部分までスペシャルなので、チェックアウトのギリギリまで楽しませてくれそうだ。

「フラグメント」仕様のスタイリッシュなピカチュウやカビゴンに出会える貴重な宿泊プランは3月20日(日)までの期間限定で実施中。宿泊費は4万2000円〜となっている。

外泊という体験を、スペシャル度マシマシで得られる、「サンダーボルト プロジェクト」の“ホテルプロジェクト”。世の父親諸君は「子供を連れて行きたい」という口実を今こそ、使うべきかもしれない。

「イン サンダーボルト プロジェクト バイ フラグメント&ポケモン(INN THUNDERBOLT PROJECT BY FRGMT & POKÉMON)」
開催:2022年1月22日(土)~3月20日(日)
場所:シークエンス(東京都渋谷区神宮前6-20-10)
料金:4万2000円〜6万円(大人1名1泊)
予約:
こちらから


[問い合わせ]
ジュン
0120-298-133

大嶋律子(ジラフ)=文
©Pokémon. ©Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

SHARE

RANKING