OCEANS

SHARE

2022.02.03

ライフ

桐谷健太さんに必要なのは、何をするにも「気持ちいい!」という実感だった

旅やサウナ好きで知られる俳優の桐谷健太さんにインタビュー!プライベートでのFUN-TIMEについてはもちろん、最近の仕事に関することまで幅広く語ってもらった。

桐谷さんの人間性に迫る10問10答も必読!

瞑想が楽しい! 何も考えない時間も重要



「がはははは(笑)!」。フォトグラファーが思いっきり笑ってほしいとお願いをすると桐谷は白い歯を見せながら全力で応え、あの豪快な笑い声がスタジオを温かく包む。

「次は少し、物憂げな表情で」「レンズを睨む感じで」などと次々にリクエストされる中、その都度スイッチを入れ替え柔軟に対応する。根っからのサービス精神に火がついたのか、時折大仰におどけるなどして現場の空気を和ませてくれる。

そんな桐谷にとってのFUN-TIMEは瞑想。

「そういえば瞑想ってどんな感じなのかなと思ったのが最初です。コロナ禍で時間もあったので、試しにやってみたらすごく良かったんです。

太陽の光がまぶたを通して入ってくるときの感覚とか何にもしなくて気持ちいい感覚が味わえるというのがすごく大きいです。だいたい20分くらいやっています。

瞑想を通じて、何も考えない時間というのは、何かをすることと同じくらい重要なことだと感じることができたり、芝居のときのパフォーマンスが上がったりと新たな気付きも自分にとってはうれしかったです」。

ニット、パンツともに参考商品/ゼニア 03-5114-5300

ニット、パンツともに参考商品/ゼニア 03-5114-5300


そして、もうひとつ好きな時間があるという。それが散歩だ。

「好きですね。何も考えずにぼけっとしながら、知らない道を自分の嗅覚だけを頼りに、好き勝手に歩くというのが。やっぱり気持ちが良くて。

仕事がないときであれば、午前中から2〜3時間くらいかけて歩きます。最初は何も考えずに歩いているんですけど、時間が経つうちに不思議と頭が整理されて、仕事でやりたいことなどが浮かんでくるんです」。

サーフィンや旅など、昔はよく外遊びをしていたそうだが、ここ数年はコロナ禍の影響からまったく楽しめていないという。

「特に20代前半の頃は、頻繁に野宿をしながらひとり旅をしていました。そのときにいつも思っていたんです。ひとり旅ってなんでこんなに寂しいんやろうって(笑)。

現地でしゃべる人はできたりするんですけど、そういうときは『ああ、旅って楽しいなぁ』って思うんです。でも、自分はまた移動しなくてはいけないのでやっぱり寂しい、でも楽しかった思い出のほうが強いから、またひとりでふらっと出かけたくなるという。その繰り返しでした。

当時はまだそんなに顔も知られていなかったので、初めて会う人と普通に話したりご飯を食べたりするのがすごく面白かったんです。おっちゃんの身の上話とかを聞いて『そりゃ大変やなぁ〜』とかって話したりしていました」。


2/3

RANKING