OCEANS

SHARE

2019.07.16

ファッション

なぜか気分なダイダイTシャツ。各ブランドがこぞってリリースした

ヒッピーカルチャー再興の兆しか、はたまた’90年代リバイバルの流れなのではないかと、ファッション業界人の見解。それらの流れを汲み、各ブランドがこぞってタイダイのアイテムをリリースしている。しかも、昔ながらの目が回りそうなカラフルな色みだけではなく、落ち着いた配色や現代的シルエットのボディにアップデートされたものだ。

つまり、かつて袖を通した人も、そうでない人にも新鮮に映るやつとして帰ってきたのだ。つまりは、やっぱりタイダイは着るだけで心も装いもピースフルになるってこと!?

 

「ビューティ&ユース」


「ビューティ&ユース」のタイダイTシャツ 7800円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)


1枚ずつ色の入り方が異なり、タイダイの“ならでは”を楽しめるTシャツ。彼ららしいクリーンな配色で大人のタイダイを提案する。

 

「オリジナルチャコール」


「オリジナルチャコール」のタイダイTシャツ 6000円/オリジナルチャコール(チャコール トーキョー 03-6432-5267)


ポケTをメインに展開するセレクトショップ、チャコール トーキョーのオリジナル。タイダイTでもポケットはもちろん健在で、ブルートーンのグラデーションにこだわった秀逸な染めもさすが。

 

「エディフィス ラ ブークル」


「エディフィス ラ ブークル」のタイダイTシャツ 6800円/エディフィス ラ ブークル(エディフィス 新宿 03-5366-5481)


タイダイ染めによる大胆なボーダー、それだけで見慣れた柄も新鮮に付き合えそうなこちら。広めの身幅&ドロップショルダーと肉厚なボディによる、独特なボリューム感が持ち味だ。

 

「J.Sホームステッド」


「J.Sホームステッド」のタイダイTシャツ 1万1000円/J.Sホームステッド(ジャーナル スタンダード 表参道 03-6418-7961)


かつては和装の高級素材だった「ちぢみ」を使った1枚はコントラストが強くインパクト大。吸水・速乾性に優れる素材ゆえ、暑いこれからの季節に打ってつけ。

 

清水健吾、山本雄生=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 荒木大輔、菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)、松本和也(W)=ヘアメイク 加瀬友重、谷中龍太郎、黒澤卓也=文

SHARE

RANKING