OCEANS

SHARE

2022.01.29

ファッション

ダウンジャケットを“自分らしく”着る7人の方法論を、愛用ブランドも合わせて公開

ボリューミーなルックスと圧倒的な保温性。冬のアウター王者・ダウンは、羽織ればOKな安心感も魅力だ。

それを街角の洒落者たちはどう着ていたのか。7人の方法論を探る。

ダウンジャケット= ザ・ノース・フェイス スウェット=チャンピオン パンツ=ディッキーズ スニーカー=アディダス

ダウンジャケット= ザ・ノース・フェイス スウェット=チャンピオン パンツ=ディッキーズ スニーカー=アディダス


児玉和樹さん Age 42

傑作アウターを軸に、これまた王道のスウェット&ワークパンツでしっかり脇を固める。いわば隙ナシの正攻法ながら、遊びを忘れないのが巧者の所以。

意外性のあるレザーハットを合わせることで、児玉さん流にアップデートした。


ダウンジャケット= ワコマリア×ナンガ ニット=ワコマリア デニム=リーバイス スニーカー= ワコマリア×ナイキSB

ダウンジャケット= ワコマリア×ナンガ ニット=ワコマリア デニム=リーバイス スニーカー= ワコマリア×ナイキSB


村田裕平さん Age 29

ワコマリアとナンガのコラボレーションダウンが主役。インナーにはニットを合わせ、冬ならではの異素材ミックスを堪能する。

装いの仕上げは首元の2重ネックレスで、適度な色気もプラス。自然体かつ丁寧に、実はこれが難しいのだ。


ダウンジャケット= ワコマリア×ナンガ パーカ、パンツ= ともにワコマリア スニーカー=コンバース

ダウンジャケット= ワコマリア×ナンガ パーカ、パンツ= ともにワコマリア スニーカー=コンバース


藤本洋史さん Age 39

パイソン柄のダウンという大胆チョイスもさることながら、イエロー&パープルのインナー使いが新鮮! しかもパンツはチェック柄だ。

色柄たっぷりなのにチグハグに見えない秀逸な合わせ。これをセンスと言わずしてなんと呼ぶ?


ダウンジャケット=ザ・ノース・フェイス パープル レーベル シャツ、パンツ、ニットキャップ=すべてナナミカ スニーカー=ヴァンズ

ダウンジャケット=ザ・ノース・フェイス パープル レーベル シャツ、パンツ、ニットキャップ=すべてナナミカ スニーカー=ヴァンズ


森岡昌基さん Age 37

このまま雪山でも遊べそうなヘビーデューティな格好。でもシックなグレートーンの着こなしのおかげで街の風景にもすんなり馴染む。

これぞ、アーバンアウトドアの理想型のひとつだ。


2/2

RANKING