OCEANS

SHARE

2022.01.01

ファッション

コスパ最高な「モンベル」のダウン。軽量ダウンの先駆者の最新はもはや最強だった

「知ってホッとする冬服大全」とは……   
日本のトップクライマー・辰野 勇が1975年に創業した総合アウトドアメーカー「モンベル」。“FUNCTION IS BEAUTY”(機能美)、“Light&Fast”(軽量と迅速)というものづくりのコンセプトは、商品の細部から伝わってくる。
長井洋高さん●モンベルのプレスとして各種メディアとの橋渡しを担当。休日は家族と一緒にアウトドアを楽しむ。最近では登山だけでなく、カヤックなどのアクティビティにも精を出す。
プレスの長井洋高さんは言う。
「モンベルのものづくりは、辰野本人の国内外での豊富な登攀経験をもとに『自分たちの手で、自分たちの欲しい山道具をつくろう』という想いから始まりました。
ダウンウェアは’80年代にファッション業界でも普及し始めましたが、モンベルでは当時、化学繊維の中綿ウェアに注力していて、ダウンウェアの製造を始めたのは’90年代に入ってからです」。
その後、“Light&Fast”を追求する姿勢が超軽量ダウンの名を続々生み出すことになる。

軽量ダウンのパイオニア、モンベル

「モンベルが2001年に発売した『U.Lダウンインナージャケット』は、当時の高品質ダウン、極薄シェルを使用し、重量195グラムと超軽量なダウンジャケットでした。
それまでモコモコでゴツいイメージがあったダウンの常識を覆し、コンパクトに折りたたんで携行できることで、多くの登山者に支持されたんです」。
モンベルの各店では、ダウンベストを着たベアのディスプレイが出迎えてくれる。
「今でこそ、スーツやジャケットの下に薄いダウンを着るスタイルが主流ですが、これも2011年にモンベルが発売した丸首の『U.Lダウンラウンドネックジャケット』が先駆けになっていると思います。軽量化を追求し、さらにアウターの襟元と干渉しない丸首タイプであれば中間着として着用しやすい、というアイデアで生まれました」。
「U.Lダウン ラウンドネックジャケット」1万1880円/モンベル 06-6536-5740
今でいう「バズる」アイテムとなったモンベルのインナーダウンは当時、初秋には買っておかないと入手できないほど爆発的に売れ、今でもモンベルのロングセラーとなっている。
同じ1グラムでもフィルパワーの差でかさの高さがこれだけ違う。蓄える空気が多いほど保温性も高い。
「モンベルが軽量コンパクトなダウンジャケットを生み出している理由は品質にあります。ダウンの品質はフィルパワーという単位で表示され、一般的には550〜700フィルパワーが良質と言われていますが、モンベルのダウンジャケットは800~1000フィルパワーの高品質なものを使用しています。
少ない体積で高い保温力を発揮できるので、同じ暖かさのダウンジャケットを作ろうとした場合でもフィルパワーの高いダウンを使用することで、極めて軽量なものを作ることができます。さらに、生地には肉眼では見えないほどの細い糸を最先端技術で織り上げた極薄シェル素材を使用することで、さらなる軽量コンパクト性を実現しています」。
これまで数々の軽量ダウンジャケットを生み出してきたモンベル。最近では他の追随を許さない超軽量ダウンジャケット売り出している。
1000フィルパワーを誇る「プラズマ1000 ダウンジャケット」2万7940円/モンベル 06-6536-5740
「このプラズマ1000 ダウンジャケットは、超軽量と耐久性を両立させた極薄シェル素材に1000フィルパワーのダウンを封入しました。モンベルの真骨頂である“Light&Fast”が実感できる、まさに究極の一着です」。
さらに驚くのは、そのコストパフォーマンスである。

1000フィルパワーのラインナップのなかでも「プラズマ1000 ダウンジャケット」は2万円台で、優れた防水透湿性素材を備えた「イグニスダウンパーカ」も3万円台。高い保湿性と軽量・コンパクトを両立した「プラズマ アルパイン ダウンパーカ」でも4万円台に設定されている。
このクオリティに対するコストパフォーマンスは、間違いなく稀有な存在である。


2/2

RANKING