OCEANS

SHARE

2021.12.24

ファッション

ジュエリーは“モチーフに意味を持たせたい”派の最有力候補は「ショーメ」のリアン

「リアン」コレクション ジュ ドゥ リアン ハーモニー ペンダント PG×ダイヤモンド×オニキス 42万4600円/ショーメ 03-5635-7057
大切な人に贈るにしても、自分が着けるにしても、ジュエリーのモチーフが持つ意味を知らずに纏うのは憚られる。ただし、そのモチーフが“当たり前”過ぎるものであっても、それはそれで芸がない。
あえてチョイスしている姿勢を見せられて、パートナーともそのセンスを共有できるのがベスト。1780年創業のジュエラー「ショーメ」は、そんな我々の本音をよく理解してくれている。
ショーメをもっと詳しく

“クロスモチーフ”が持つ、スペシャルな意味

アシンメトリーな2つのパーツを結ぶように交差するデザイン。写真のアイテムはオニキスとブリリアントカット ダイヤモンドをセット。
ナポレオン1世とマリア・ルイーズの婚儀を飾ったことでも知られる名門ジュエラーは、約240年にわたり世界中のロマンを紡いできた。さまざまなモチーフを採り入れたコレクションの中でも、とりわけ注目したいのが「リアン」である。
フランス語で“絆”を意味する言葉を冠した同コレクションは、なんといっても1本の糸がクロスした結び目のデザインが特徴的。この“クロスモチーフ”は愛する人との絆を結び付けるさまを表現しており、大切な人への想いを表す唯一無二の存在となっている。
これ見よがしな愛情表現は気が引けるが、さりげなくジュエリーのモチーフに気持ちを込めて身に着けるというのが、実に粋ではないか。
「リアン」コレクションをもっと詳しく
2/3