OCEANS

SHARE

2021.12.13

からだ

プロサーファー金尾玲生さんが、体と自然のために持ち歩くバッグの中身

「どんなに嫌なことがあっても波に乗れば忘れられるほど楽しいサーフィン。ですが当然、疲労や日焼けなど、カラダへのダメージもありますから、ケアアイテムは必須です」。
プロサーファー、ソリッド プロデューサー 金尾玲生さん Age 29
そう話すのはプロサーファーの金尾玲生さんだ。
「それに、日々の生活にも、何かと小物は必要。ただ、僕はポケットに物を入れて持ち歩くのは好きじゃないので、ポーチではないですが、トートバッグに詰め込んでいます。カラダのことと環境のことを考えたセレクトです」。


2/2