OCEANS

SHARE

2021.12.03

からだ

コスメキッチン・スキンケアトレーナーに教わる「男の洗顔・化粧水・乳液」の基本

質のいいアイテムを手に入れて、いざ始めようスキンケア……と、ちょっと待った。
せっかくのアイテムを効果的に使いこなすために、それぞれの正しい使い方やお手入れのポイントを押さえよう。
教えてくれたのは
コスメキッチン スキンケアトレーナー
下田裕華さん

エステティシャンとフィトアロマの経験で得たナチュラル&オーガニックスキンケアの知識をもとに、全国にて講演会やカウンセリングを行う。
 

【洗顔】摩擦を避けるため、たっぷりの濃密泡で洗うべし!

スキンケアのいちばん大事なことは肌に負荷をかけないこと。「だから、洗顔ではまず洗顔料をしっかり泡立てることが基本です」と下田さん。卵や生クリームを泡立てるように空気を含ませた泡でふんわり洗う。
「一方、クレンジングミルクのように泡立てないで使うものは、使う量が多ければ多いほどいいです。少ないと肌へ摩擦が生じ、カサつきやシミの原因になります」。
また、髭のある人は指の腹をしっかり髭の中に潜り込ませて、髭ではなく地肌を洗うことを意識するのが大事。「たまには、理髪店のようにホットタオルで蒸してから洗顔する、というひと手間をかけるのもおすすめです」。

どれくらい使う?
ペースト状のものなら1cmくらい、ジェルやリキッドは100円玉大程度。泡立てないクレンジングミルクなどはやや多めに500円玉大が目安。
 

洗顔料の泡立て方
手のひらにのせた洗顔料に同量程度の水を加え、反対の手の指を使って泡立てる(水が少ないほうが濃密な泡ができる)。泡立ってきたら、下からすくうようにして空気を含ませる。
 

石鹸の泡立て方
濡らした石鹸を両手の間でくるくると回し、軽く泡立てる。石鹸を置いたら、片方の手のひらに泡を集める。反対の手の指を使い、空気を含ませるようにしてしっかりと泡立てる。
 

泡立てないクレンジングミルクやジェルの場合
手のひらの洗顔料を反対の手の指で額、両頬、顎に置き、両手の親指以外の4本指でくるくると肌になじませる。擦らないように。


2/2

RANKING