OCEANS

SHARE

2021.11.11

ファッション

【総額2万5000円以下も】テーマ別で作るユニクロ「+J」のトータルコーデ4選

明日はいよいよユニクロ「+J」の発売日。
発売に先駆け、これまで大注目のダッフルコート編、4つの本命アウター編、裏ヒットのスウェット編に分けて新作の魅力を掘り下げてきた。

今回は少し趣向を変えて、4つのテーマで作る「+J」の全身コーディネイト集をお届け。総額も記載しているので、購入の参考に!
 

テーマ① スポカジ(総額/2万8880円)


着用アイテム
ダウンオーバーサイズコート(12月上旬発売) 1万9900円
ドライスウェットパンツ 4990円
カシミヤニットキャップ 3990円
ライトウェイトの膝丈ダウンコートは、頭も首も隠せて、これ1枚で抜群の保温性を発揮する。
こちらが持つベンチコート的なムードを活かして、スポーティなスタイルに振り切ってみた。

ポイントとなるのが、スウェットパンツ。生地特有のハリ感と、テーパードを利かせたスリムシルエットが、都会的な雰囲気を後押しする。

ニット帽は、パンツのカラーに合わせてブラウンをチョイス。ダウンコートは抜群の保温性を持つので、インナーはカットソーだけでも十分。近所での買い物などワンマイルな日や、家族とのアクティブな外出という日にもってこいのスタイリングだ。
 

テーマ② アメカジ(総額/2万9880円)


着用アイテム
ダウンオーバーサイズパーカ 1万7900円
プレミアムラムVネックカーディガン 5990円
イージーワークパンツ 5990円
カーディガンとダウンジャケット。一歩間違えれば、“もたつき”が気になる難しい組み合わせだが、ジル・サンダー氏お得意のテーラリング技術により、カーディガンの上から羽織ってもご覧の通り、スッキリまとまる。

パンツには、アメカジの大定番であるワークパンツをセレクト。ツイル素材を用いたタフな作りとなっている。

室内なら、カーディガン1枚だけでも十分に暖かい。ウール100%ならではの柔らかな風合いは、着心地も極上だ。


2/2

RANKING