OCEANS

SHARE

2021.11.16

ファッション

バイクでもキャンプでも大活躍の「エンジニアド ガーメンツ」のパンツはき分け術

「自分はバイクに乗るから、動きやすくて耐久性が高いパンツは必須です」。そう話すのは多様な趣味をもつウールリッチ PRの工藤 俊さんだ。
そんな仕事の合間を縫って自然を楽しむライフスタイルを実践する工藤さんにぴったりの、着回し抜群なパンツをピックアップ!そのスタイル実例とともにお届けします。
ウールリッチ PR
工藤 俊さん Age35

バイク、釣り、スキー、スノボ……と多趣味だが、キャンプはまだ駆け出し。老舗アウトドアブランドのプレスの名に恥じないスタイリッシュなソロキャンデビューを画策中。
スタイリスト
来田拓也さん Age35

多くのメンズ誌、Web媒体などで活躍中。どんなに忙しくても“週一サーフ”が目標ながら、今年は未達成状態が続いている。キャンプは「受け身派」。もっぱら現場で飲むのが好き。
 

KeyItem
「エンジニアド ガーメンツ」のパンツ

2万5300円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798
ゆるやかにテーパードのかかったファティーグパンツは、ヘビーウェイトのコットン製リップストップを使ったタフな作りが持ち味。
「引き裂きやダメージに強いのはもちろんのこと、深く、大きなポケットもキャンプで重宝します」(来田)。
 

[City]
ゆったりフォルムは、バイクに跨ってもノーストレス

パンツ2万5300円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、ジャケット7万4800円/アンユーズド(アルファ PR 03-5413-3546)、ブーツ2万5300円/クラークス  オリジナルズ(シップス 渋谷店 03-3496-0481)
街ではもっぱらバイクで移動している工藤さん。ヤマハ・SR400をベースに1970年代の英国車をイメージしながらパーツを選んでカスタムした一台は、車高が高めのスクランブラータイプだ。
「バイクに乗るときにはくパンツはマフラーの排熱や引き裂きに強いものがベターなので、タフなリップストップ生地は安心感があります」。
ポケットの多いミリタリージャケットにガジェットなどを収めて、手ぶらで移動するのが定番スタイル。


2/2