OCEANS

SHARE

2021.09.27

あそぶ

登山靴=重くてゴツいは昔話。ハイカーズデポ代表に教わる“ウルトラライト”シューズ3選

登山靴は重くゴツいもの……そんなイメージも今は昔。ハイキングスタイルのひとつとしてアメリカで生まれた「ウルトラライト」=ULが、日本の登山シーンでも認知度を高めている模様だ。

FUNで“UL”なシューズ3選

教えてくれたのは
ハイカーズデポ 代表

土屋智哉さん
 
「アルトラ」のローンピーク 5.0 。548g。1万7600円/ハイカーズデポ 0422-70-3190
「2010年代のULシューズを象徴するのがローンピーク 5.0。今やハイカーの定番ですね」。広いトウ回りが指先をリラックスさせ、大地を踏みしめる感覚を引き出してくれる。
「ゼロシューズ」のテラフレックス。550g。1万4080円/ハイカーズデポ 0422-70-3190
サンダルメーカーが作ったトレイルランニングシューズとして、’18年に登場したのがテラフレックスだ。
「ミッドソールを装着せず、つま先と踵の高低差がないフラットなソールを採用。裸足の感覚を重視しているんです。ソール自体の耐久性も非常に優れていますね」。
「ブラックダイヤモンド」のミッションLT。682g。1万6720円/ハイカーズデポ 0422-70-3190
UL的ローカットシューズに不安を感じるという人にはブラックダイヤモンドのミッションLTを。
「トレランシューズと登山靴のハイブリッド。しっかりとしたつま先のソールが、岩場などで安定したスタンスを確保してくれます」。


2/2