OCEANS

SHARE

2021.09.09

ニュース

トミー ヒルフィガー初の日本人アンバサダー北村匠海に学ぶ、秋冬コーデ4つのコツ

アメリカンプレッピーを土台に、タイムレスな魅力を放つ「トミー ヒルフィガー」。当然ながらオーシャンズ世代にも馴染み深く、常に頼りになるブランドである。
今季からトミー ヒルフィガーのブランドアンバサダーに就任した北村匠海さん。DISH / /のボーカル、ファウンダー、ギタリストであり、俳優としても目覚ましい活躍を見せる。
そんなトミー ヒルフィガーの秋冬コレクションを華麗に着こなすのは、日本人で初のブランドアンバサダーに就任した、アーティストで俳優の北村匠海さん。映画『東京リベンジャーズ』では主演を務め、今もっとも注目を集める若手のひとりだ。
新作アウターを主役に据えた北村さんのコーディネイトは、30〜40代の大人も参考になるものばかり。そこから、秋冬の着こなしを格上げする4つのヒントを見つけよう。
秋冬コレクションの詳細はこちら
 

① アイコニックなブルゾンは、品良く楽しむ

ブルゾン4万2900円、ニット1万9800円、シャツ1万5400円、パンツ1万7600円、スニーカー2万3100円、ニットキャップ7700円/すべてトミー ヒルフィガー 0120-266-484
トミー ヒルフィガーのアイコン、フラッグモチーフでデザインしたブルゾンは、’90年代テイストの懐かしい雰囲気。それをストリートっぽく着るのではなく、キレイ目にまとめたのがポイントだ。
ニットにデニムシャツをレイヤードすることでカジュアルながら程よくきちんと感を演出できるし、フィット感のあるコーデュロイパンツもスマートで好印象である。
バラバラになった“TOMMY HILFIGER”の文字を、デザインとして落とし込んだニットも印象的。
ちなみにブルゾンはリバーシブル仕様で、裏面は無地のキルティング。裏返して着て、異なる表情を楽しむのもいい。
2/3