OCEANS

SHARE

2021.08.12

ファッション

50代の先輩に学ぶ「大人の夏コーデ」。ポイントは“小物使い”と“押し加減”?

今夏のパパラッチでお声がけした50代の方。まずは小物を上手く使った白Tスタイルの御仁2人をピックアップ。
みなさまの瑞々しい着こなし、お見逃しなく。
 

お洒落のツボは「押し加減」がポイント

大人の余裕が漂う小物使いの秘訣は?参考にすべき50代のリアルな白Tスタイル
Tシャツ/不明、パンツ/コム デ ギャルソン・オム、スニーカー/アディダス、ハット/古着、メガネ/ワットエバーワークス、ネックレス/アンダーカバー、腕時計/Gショック
クサカベ マサカツさん Age 52
この時季、つまり夏場はどうしてもアイテム数が限られる。クサカベさんも純粋に服だけ見れば、Tシャツ&サルエルパンツのコーディネイトだ。でもとても洗練されている。
その理由は①色数を抑えていること。②それでいて色を利かせていること。③積極的に小物を使うこと。
ただこの3点はさじ加減が難しい。例えば、色を抑えるといってもバケットハットがライトグレーではたぶん締まらない。また色を利かせるといってもソックスが単色オレンジでは爽やかさに欠けるだろう。
お洒落のツボを的確に押さえつつ、やりすぎない。これぞ大人の着こなしだと思うのだ。
 

リムごと跳ね上げる珍しいタイプのメガネ。リーディンググラスにも良さそう。
 

シンプルなネックレス。短すぎず長すぎずの、嫌みのない紐の長さに注目を。
 

涼しげな印象を醸し出す、スケルトンタイプのカシオのGショック。
 

カレッジリングはTシャツはもちろん、実はスーツにも合う汎用性の高いもの。
 

レトロなスポーツソックスと今どきなランニングシューズ。絶妙なハズしである。


2/2