OCEANS

SHARE

2021.08.09

あそぶ

カスタムした職遊融合カングーを、キャンプ好き家族が週末利用してみた!

仕事も遊びもごちゃ混ぜにした、新時代のライフスタイル「職遊融合」。ひと昔前なら考えられない生活だけど、それでもまだまだ「言うは易し……」だったりして。

そんな疑問を検証すべく、東京在住のキャンプ好き家族が「職遊融合カングー」に乗り込むことに。
フランスの名門・ルノーと、多拠点コリビング・リビングエニウェアコモンズ、そしてオーシャンズがコラボで完成させた夢の一台だ。
とある金曜日の朝、まだ仕事を残したまま2泊3日のキャンプへ向かった丹生さん一家は、無事に仕事と遊びを両立できたのだろうか。彼らのアウトドアな週末に密着した。
父・丹生 隆さん(Webディレクター)、母・丹生あゆみさん(スペースディレクター)、子供・丹生 一太君、丹生 新君(7歳、双子)。目黒区在住の都会派だが、週末は家族でキャンプを楽しむアウトドア派の顔も持つ。リモートワークは慣れたものだが、実はワーケーションは初挑戦。これを機に「職遊融合」なライフスタイルを取り入れたい。

ライトキャンプに必要なすべてが詰まった“箱”


金曜日の午前10時過ぎ、都心から約2時間の場所にあるキャンプ場へ到着した丹生さんファミリー。
「平日だから渋滞もまったくなかったし、運転のストレスも疲労もほとんどないですよ(笑)」(丹生 隆さん。以下、カッコ内同)。
長距離ドライブ後とは思えない清々しい表情で自然のなかに降り立った丹生さん。拠点を決めたらさっそくバックドアを開け、ウッド製コンテナを取り出していく。

コンテナは、カングーのラゲッジスペースのサイズに合わせて制作した可変式のオリジナルで、車に積めば収納ボックスとして、外に出せばチェアやテーブルとして活躍する。
こんなコンテナが作れたのも、広々とした内装で高い汎用性と機能性を兼ね備えたカングーならでは。「ダブルバックドアがとにかく大きいので、積荷の積み下ろしもすごく楽チンですね」と丹生さんは言う。

おっと、さっそく子供たちも手伝いに駆け付けてきた。活き活きした表情で次々とコンテナや積荷を運び出していく。やはりこういうトランスフォーム的な仕掛けは男ゴコロをくすぐるらしい。

コンテナや天板を組み合わせ、次々とチェアやデスクを組み立ててゆく丹生親子。ものの数十分でフィールドがカタチを成してゆく。
「ジャクリ」のポータブル電源とソーラーパネル、そしてカングーのオリジナルサイドタープも設置して、大枠の基地は完成。さて、このへんで一度、テーブルを囲みますか。


2/4

RANKING