OCEANS

SHARE

2021.08.13

ファッション

リーバイス®の“裏定番”3選! 夏が似合う男がそれをチェックした結果

ワークウェア由来のタフさと重厚さは、デニムの大きな魅力のひとつだ。ただ、蒸し暑い夏はそれが逆に仇となり、距離をおきたくなる。
じゃあ、デニムのパイオニア「リーバイス®」もこの時季はお役御免なのかといえば……それはまったくの勘違い。

実は、夏には夏の“裏定番”がリーバイス®には存在する。
そんな情報をキャッチした夏男・三浦マーシーはプレスルームを訪問。そこで彼が目にしたモノは……!

①“白タブ”のライトオンス・チノ

各2万2000円/リーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)
ツイルチノパンツもまた、リーバイス®の長い歴史の1ページを彩る名品のひとつ。なにせ、1900年代初頭から作り続けていたというから、そのポテンシャルは推して知るべしだろう。
代表例を挙げるならば、やはり’50年代に作られていたワークパンツで、それを忠実に再現したのが、今年も発売がスタートしたこちらの復刻作だ。
パンツ2万2000円、シャツ2万2000円、Tシャツ1万3200円/すべてリーバイス® ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)
100%コットンによる綾織りの生地は、安心感のある強度を保ちつつも9オンスと軽量。古着のような風合いにザラっとした質感も涼しげである。
デニムでは赤ベースに白抜きの文字で仕上げられたレッドタブがお馴染みだが、こちらは白地に赤文字でブランド名を記した、通称“白タブ”を採用。マニア心を大いにくすぐる。
腰には復刻アイテムならではの、通称“白タブ”がキラリと光る。
Tシャツはもちろん、夏らしい鮮やかなシャツとの相性も抜群で、この時季のコーディネイトをいっそう明るく照らし、気分もハッピーに満たしてくれる。
今年はほんのりイエローがかった“ティンセル”のほか、スモーキーさがいい表情を醸す“マァラァブルー”の2色が展開中だ。
リーバイス® ビンテージ クロージングはこちら 
2/3