OCEANS

SHARE

2021.06.28

からだ

枕が体の痛みの原因に?「睡眠の質が低い人」が知らない枕の正しい選び方

当記事は「東洋経済ONLINE」の提供記事です。元記事はこちら
睡眠の質を向上させる枕の選び方とは(写真:EmirMemedovski/iStock)
良質な睡眠を取るためにはどのように枕を選べばいいのでしょうか。老舗寝具店「ねむり家」の店主であり、健康睡眠アドバイザーの大郷卓也氏が上梓した『睡眠は1分で深くなる! ──誰でもできるかんたん熟睡法』から、一部抜粋・再構成してお届けします。
「枕が変わると眠れない」という悩みを抱えている人は少なくありませんが、じつはその原因は枕そのものとは無関係です。
本当の原因は、就寝する環境が変化することで体が興奮状態に陥ってしまい、自律神経のうち、交感神経が刺激されてしまうことにあります。
本来、睡眠時には副交感神経が優位にならなければ、心身がリラックスしてぐっすり眠ることはできません。
その解決法としては、ホテルや旅館に泊まることになる旅先であっても、起床や就寝、食事などの時刻を変えず、なるべく日常と同じ生活リズムを守ることで、自律神経のバランスを整える方法が有効です。
日中の運動量を増やしたり、就寝の1時間前に入浴で体を温めるのも効果的です。

自分に合った枕はどう選ぶ?

以前、自分の体に合った「マイ枕」を自作することが小さなブームになったことがあります。
その多くは、タオルをグルグル巻いてみたり、玄関マットを芯にして、その周囲にタオルを重ねて巻いたりした枕で、インターネット上にもそのつくり方を紹介している情報が散見されます。
私も試しにつくってみましたが、自分の首の高さにも合致しますし、適度な硬さにできるため、最初に受ける印象としては気持ちよく感じました。
しかし、実際にこの枕で眠ってみると、寝返りが打ちにくくなる違和感があり、体が横向きになったときに肩が圧迫され、肩や腰に痛みが生じるようです。
就寝時には気持ちよく感じても、実際は寝返りが打ちにくく、結果的には睡眠の質が低下してしまうため、私からはオススメしません。


2/2

RANKING