OCEANS

SHARE

2021.06.25

時計

「ロンジン」CEOが語る、最新のダイバーズウォッチに込めたエレガンス

並んだ2本のダイバーズウォッチは、時代を超越した風格ある存在感を醸し出す。そこには変わることのない、エレガンスというロンジンのアティチュードが貫かれるのだ。
その真価についてブランドCEOのマティアス・ブレシャン氏に聞いた。
 

最新ダイバーズに息づくエレガンスの系譜

左から「ロンジン レジェンドダイバー」SSケース、42mm径、自動巻き。31万4600円、「ハイドロコンクエスト」SS(ローズゴールドPVD加工)ケース、41mm径、自動巻き。23万6500円/ともにロンジン 03-6254-7350
[左]「ロンジン レジェンドダイバー」
ぶつけやすくて破損や損傷につながる回転ベゼルを内装し、その設定用と通常の時刻表示用のふたつのリュウズを備える。この個性的なスタイルは1959年のRef.7402などをベースとしている。2007年に初登場し、新色が登場。ムーブメントにシリコン製ヒゲゼンマイを採用し、72時間の持続時間を誇る。
[右]「ハイドロコンクエスト」
300m防水に、優れた視認性や存在感あるデザインは、まさにモダンダイバーズを代表する。ダイヤルはグレーを美しいサンレイで仕上げ、質感を高めるとともに、同色のセラミックスインサートとローズゴールドPVDのベゼルのコンビカラーも映える。
アイテムの詳細はこちら
2/2