OCEANS

SHARE

2021.06.17

ファッション

モダンな仏系か、ユルめの米系か。ボーダーTシャツ選びの2大目線、各代表4選

モダンテイストな太ピッチのフランス系か、はたまた太陽が似合うゆるめ細ピッチのアメリカ系か。
悩ましい二者択一のボーダーTシャツのそれぞれの代表を紹介。ぜひ好みの一枚を探してみてほしい。
 

フランス系ボーダーTシャツ

仏系ボーダーTシャツ
1万9800円/ウティ https://outil-vetements.com
「ウティ」
フランス海軍の制式ユニフォームにも採用されたバスクシャツ。ウティのそれは糸の染色や編み立て、縫製、生産にいたるまでのすべてを本場バスク地方で行い、モダンなビッグシルエットに落とし込んだ。
 
3万800円/オーベルジュ(ホワイト・スロウガン 03-3770-5931)
「オーベルジュ」
 
8470円/シップス(シップス 渋谷店 03-3496-0481)
「シップス」
 
2万4200円/マーティー&サンズ(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)
「マーティー&サンズ」


2/2

RANKING