OCEANS

SHARE

2021.04.17

ファッション

大人っぽいデニムコーデは「スリム」で作る。5人の実例からヒントを発見!

ステイヤング目線のデニムは歓迎だけど、コドモ見えだけは避けたいところ。
となれば断然、シュッとしたスリムシルエットが信頼度高し。反対に、トップスはゆったりめで。このバランスが今の気分だ。
 

テーパードorスリムで大人っぽく

ステイヤングは大歓迎、でもコドモ見えはお断り。ならば選ぶべきは“スリムシルエット”のデニムだ!
デニム、ジャケット/ともにスタンダード カリフォルニア、スニーカー/ヴァンズ
原田直俊さん Age 43
「アメリカ・サンクレメンテで見かけたスケーターがきっかけ」ではいたというブラックデニムは、スタンダード カリフォルニアの「960」。すっきりと見えるジャストサイズで。
 
デニム/アンティバルリスティック、カーディガン/ロンハーマン、スニーカー/コンバース
nicoさん Age 44
「海上がりにはける、ラクなデニムがいい」と選んだものは白の側章がアクセント。そこに上質なカーディガンを羽織る。シティサーファーで人気ラジオパーソナリティによるお手本スタイル。
 
デニム/リーバイス、コート/インスピンクト、ニット/クルチアーニ、スニーカー/ヴァンズ
奥州谷知宏さん Age 37
テーパードの利いた古着の「505」は、サイド部分のアタリがお気に入り。上品なラップコートとクルチアーニのメランジニットを合わせて、落ち着きのある大人のデニムカジュアルに。


2/2