OCEANS

SHARE

2021.04.10

ファッション

ちょっとした外出も許される“上下スウェット”の3候補

よそ行きでもあり寝間着でもある。スウェットとは何となしに手に取る、白いご飯のような存在。
それがセットアップでキマるのなら、コーディネイトに悩むこともないし、ますます着たくなること請け合いだ。
 

「アスペジ」

家着にもちょっとした外出にも。悩み無用の“上下スウェット”が一番ラクにキマる説
パーカ5万5000円、ショーツ4万1800円/ともにアスペジ(トヨダトレーディング 03-5350-5567)、カットソー2万3100円/ロンハーマン 0120-008-752、サンダル9900円/スイコック(オージー ストア 03-6456-4422)、手に持ったサングラス2万4750円/レイバン(ルックスオティカジャパン 03-3514-2950)
昨年スタートしたスポーティな「Nライン」のもの。外にそのまま行けるようなスタイリッシュなデザインで、年中スウェットはますます進みそう。
 

「エイチアイピー バイ ソリード」

パーカ3万800円、パンツ2万6400円/ともにエイチアイピー バイ ソリード(タトラス インターナショナル 03-5708-5188)
スリムシルエットにオールネイビー、つまり上品ということ。光沢のある素材感もナイス!
 

「オリジナル チャコール」

パーカ2万4200円、パンツ2万900円/ともにオリジナル チャコール(チャコール トーキョー 03-6432-5267)
ポケットTに合わせるというユニークな前提で企画され、パーカはスタイリングしやすいダブルジップに。
 
山本雄生=写真(人物) 竹内一将(STUH)=写真(静物) 松平浩市、中北健太=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 安部 毅、礒村真介(100miler)=文


SHARE