OCEANS

SHARE

2021.03.31

ファッション

【2021年最新】春のメンズコーデ、必須アイテムと気温別スタイルの作り方。オススメの装い4選も


春は男性のファッションの自由度が増す季節。なぜなら、冬とは違いアウターのフロントを開けてインナーを見せられるし、夏のようにTシャツ1枚というわけでもないから、さまざまなアイテムで多様な着こなしを実践できる。
そういう意味では、もともと着用アイテムの選択肢が多くないメンズにおいて、1年を通してもっともフッションを楽しめるのが春! といえる。
とはいえ、春は日によっても気温の変化が大きく、何を着ればいいか悩ましいのも事実。そこで、オーシャンズのアーカイブを参考にしながら、大人が押さえるべき春コーデのポイントをおさらいしておこう。
案内役は……
OCEANS Web 編集長 原 亮太(42歳)
本誌副編集長を経て、2019年から現職。キャンプと釣りが趣味のアウトドア派だが、ワイン好きという一面も。柄ものを着るのが好き。
 

大人が、春コーデで重視するべきことは?

一般的に、春服を着ることが多いのは3〜5月の間。だが当然、3月と5月の気温を比べるとかなりの差があり、ひと括りにして同じ服装をすればいいワケではない。
しかもこの時季は朝晩の寒暖差も激しく、日中は半袖で十分なほど暖かくても、夜は気温が一気に下がり、長袖が恋しくなることもしばしば。

だからこそ春は、まず体温調整ができるファッションでなければダメ。そこで重宝するのが、専用の“羽織りもの=アウター”である。
どんなアイテムを取り入れるかで快適さが変わるし、見た目の印象だって大きく変化する。アウターはコーディネイトにおける占有面積が広いので、冬物を着ていればいつまでも冬ファッションのまま季節が変わらない人と判断されてしまう。仮にインナーやボトムスなどのアイテムをすべて春物に変えても、だ。
逆に言えば、春はアウターさえ押さえておけば、スタイリングは上手くいく。つまり「羽織りものを制する者は春コーデを制す」といっても過言じゃないのだ。


2/4

RANKING