OCEANS

SHARE

2021.03.28

ファッション

チャレンジ精神を忘れるな!男の“ゴールド&パール”四十の手習い

年を重ねるほど新しいことに手を出しづらくなり、無難なルートを選んでしまう。仕事も人間関係もディナーの店選びも。
ならばせめてファッションだけは、いくつになってもチャレンジャーで。ずばり、ゴールドとパールへの挑戦である。
なかなか男性に似合うこのふたつは……と思っていたところに見つけたのがこちら。
いくつになってもチャレンジ精神を忘れるな!“ゴールド&パール”四十の手習い
繊細かつクラシックなテイストを醸し出すボストン型フレーム。写真のK18のゴールドのほかホワイトゴールドも用意されている。米ホーウィン社製のコードバンを使用したメガネケースと、収納用の木箱が付属。ぜひ大切に扱ってほしい。68万円/アヤメ 03-6455-1103
まずはゴールド。どこまでも繊細なアヤメのフレームからトライを。いい年になったからこそ嫌みなく掛けこなせると思う。
先日デビューしたばかりのブランド、19SO(ナインティーンエスオー)より。デザイナー毎日身に着けている、祖母から受け継いだという約70年前のヴィンテージネックレスをモデルにして製作。極小の直方体のコマを細かくつなぎ合わせた、ベネチアンチェーンと呼ばれる製法だとか。素材はK18YGを使用。10万円/19SO https://19so.shop
続くゴールドは19SOのネックレスだ。断言するけれど、絶対に下品にならないからご安心あれ。アンティークの趣を漂わせる繊細なチェーンだ。白T+黒ニットに合わせるのが今の気分か。


2/2

RANKING