OCEANS

SHARE

2021.03.27

ファッション

パタゴニア人気高し! アウトドア系ブランドのショーツで大人に味方するのは?

気温も上がってきて、咲いた桜が散る頃にはショーツの季節が目の前に。だから今のうちに、今年の主役の目星を立てておこう。
狙いたいのはやっぱり、アクティブシーンにも連れ出せるアウトドア系ブランドによるものだ。
 

「パタゴニア」のバギーズショーツ

夏まで待てない!今あえて伝えたい感動ショーツのハナシ
速乾性が高く、水中でも街でも使える万能性を持つ。リサイクルナイロン100%というだけでなく、あらゆる面でサステイナブルなショーツ。各6500円/パタゴニア(パタゴニア日本支社 0800-8887-447)
推薦人①
ビームス メンズカジュアル 統括ディレクター 中田慎介さん(43歳)
ビームスのメンズカジュアル全体を束ねる業界きっての仕掛け人。アメリカンライフスタイル全般が得意なフィールド。生活拠点は鎌倉。
部屋、海、街、職場と、コロナ禍の夏場に終日過ごせる万能ショーツとして大活躍してくれました。
速乾性やサイズバランスなど、長年培われた経験のもと、巧みに計算された完成度に改めて感動!少しずつ買い足して、今では7着ほど持っています。
 
推薦人②
スタイリスト 井嶋一雄さん
多くのファッション誌、広告、テレビCMなど幅広いフィールドで活躍。精通する音楽をルーツとしたスタイリングにも定評がある。
パタゴニアのアイテムは、長く付き合うことが多い。1997年に登場した「ダスパーカ」のフェニックスレッドは、いまだに着ることがあるし、「バギーズショーツ」は、暑い季節に欠かせない。
リサイクルナイロンを使った色とりどりのショーツは、海やプールで目立つと思うが、自分はほぼ街着として活用している。その活用幅の広さにも感動を覚える。
 
推薦人③
ファッションジャーナリスト 増田海治郎さん(48歳)
ファッションショー中毒で、コロナ禍前の年間取材本数は約250本。著書に『渋カジが、わたしを作った。』(講談社)がある。
今のメタボ体型からは想像できないと言われそうですが、かつての私は熱心なサーファーでした。正確にはボディボーダー+ロングボーダー。20代は年間100日近く海に入っていたのです。
その頃に持っていた数多のボードショーツは一枚も残っていませんが、唯一現役なのがパタゴニアの「バギーズショーツ」。ビーチやプールに寝そべる(たまに泳ぐ)にはピッタリだし、下にパンツをはけば街着としても使える。永遠の夏の定番です。
 

「マジックナンバー」のボードショーツ

シームレスな内股は股擦れを防ぐためのデザイン。フロントにタック、バックにダーツを入れて、ウエストにゆとりを持たせているのも◎。各1万6000円/マジックナンバー(H.L.N.A 03-6459-2431)
推薦人
トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長 中村貞裕さん(50歳)
2001年に同社を設立。アートやファッションとの融合を図った、約90店舗ものカフェを手掛け、オフィスなどのブランディングも担う。
社内に部を作るほどサーフィンにのめり込む僕にとって、ブランドディレクターでサーファーの中村竜くんとの出会いはまさに渡りに船。上達するチャンスであり、出会いの先に最高のアイテムも待っていたから。
縫い目が肌に当たる違和感がないのでとことん波に集中でき、乾いたらそのまま街へも行ける洗練されたデザインも魅力。落ち着いたら一緒に海へ行く約束をしているので今から楽しみです。


2/2

RANKING