OCEANS

SHARE

2021.02.21

ライフ

もちろん全部DIY。SPiCYSOL、ついにVANを塗る! その一部始終の巻

「VAN LIFE SPiCE」とは…… 
自分たちの理想とするVAN LIFEを実現すべく、自腹で購入したシボレーのカスタム作業を急ぐSPiCYSOL。
念願の納車が完了して興奮したのも束の間、初めの一歩として、すぐさま外装のペイント作業に取り掛かった。
今回のペインティング作業を行なったのは、通称“茅ヶ崎村”にあるシェアスペース。ノスタルジックな場所だ。
もちろん、作業はすべてDIY。マスキング、ヤスリがけ、ペイントという工程を、通常は1台丸4日ほどかかるところ、スケジュールの都合上、わずか2日(作業時間は丸1日程度)で仕上げることに。
とはいえ、もうやるしかない! ってことで、今回は、ペイント作業の追跡スピンオフをお伝えしよう。

DAY -1

まずは、窓などを中心に、塗料がつかないようにするマスキング作業からスタート。
たらふく買い込んだ養生テープと格闘しながら、そそくさとマスキングしていく。経験がほとんどないにもかかわらず、意外にも手際よくこなしていくメンバーたち。
細部のはみ出しを気にしながら、大きな窓も綺麗にマスキング。
VAN LIFE SPiCE その①
「布コロナマスカー1800」
今回、大活躍したのが養生テープとビニールが一体化した“コロナマスカー”。マスキングしたい長さにテープを貼り、それに合わせてビニールを広げれば、初心者でも簡単にマスキングできる。DIYペインティングには、とにかくおすすめだ。

マスキングが終わったら、今度はひたすらヤスリがけ。これがかなりの難所。とはいえ、もともと塗られている塗料をしっかり剥がさないと、新しい塗料は綺麗に乗らない。黙々とヤスリをかける4人だった……。
VAN LIFE SPiCE その②
「耐水ヤスリ」
主に使用したのは、3種類のペーパー製「耐水ヤスリ」。まずは番号の小さい目の荒いもので、ひたすら表面がザラザラになるまで擦る。ある程度塗料が落ちたら、徐々に目の細かいものに変えていくという具合だ。
ペイント前にもう一手間。
必死にヤスリがけをして、表面がザラザラしてきたら、ようやくペインティング作業が可能に。ここまでくるのに約5時間! 今度はペイントする塗料がしっかり付着するように、プライマーをスプレー。
いよいよペインティング開始。ハケにつける塗料は、多すぎても少なすぎてもいけない。恐る恐る始めるも、飲み込みの早いメンバー。細かなところまで丁寧に塗っていく。
やはり楽器を操る人間は、ペインティングも上手い!?
コツを掴むのが早いPETE。ムラのない塗りっぷり。
AKUNもローラーさばきがこなれていた。
主にボンネット周辺の細かな部分を担当したのはKENNY。
入り組んだ場所にこだわるKAZUMA。
そんなこんなで、駆け足でヘトヘトになりながらも1日目は無事終了。


2/2

RANKING