OCEANS

SHARE

2021.02.21

あそぶ

ブランケットだけじゃない。最新のペンドルトンがちょっと意外で全部いい

ペンドルトン
「Camp Gear Note」とは……
キャンパーの間でも人気のペンドルトンといえば、ブランケットなど高品質なウール製品を手掛けるブランドだと思っている方は、半分正解で半分不正解。
実は今、ペンドルトンが手掛けるのはタオルやブランケットだけではない。さまざまな生活用品からペット用品にいたるまで、幅広いジャンルを扱うライフスタイルブランドへと成長しているのだ。
今回は、キャンプ好きも改めてチェックすべきペンドルトンの最新ラインナップを覗いてみよう。

やはりブランケットとバスタオルが大定番

ロングセラーであり大定番といえば、やはりウールブランケットは外せない商品。ブランド立ち上げから間もない1920年から、今日にいたるまで世界中で愛され続けてきた製品だ。
ペンドルトン
「チーフジョセフブランケットローブ」4万9500円[税込]。サイズは163×203cmのたっぷりサイズ。
写真の柄は、誇り高きネイティブアメリカンの部族・ネズバースの長、ジョセフを称えたもの。
この柄に限らず、ペンドルトンの採用するデザインパターンは、どれもネイティブアメリカンに伝承される柄や自然界のモチーフを抽象的にデザインしたもので、年間100以上もの多彩なパターンが生み出されている。
ペンドルトン
わずかに混紡されたコットンが、美しい発色を引き出す理由のひとつ。
発色の良さもペンドルトンならではの特徴のひとつ。これは創業当時、お得意様だったネイティブアメリカンたちが色鮮やかなデザインのウールブランケットを求めたことに起因している。
現在のブランケットの素材は、ウール100%ではなく、18%ほどのコットンが混紡されている。この18%がタフに扱える耐久性を生み、鮮やかな発色を可能にする秘密のひとつなのだ。
ペンドルトン
「アイコニックジャガードタオルBath」7370円[税込]。サイズは76×147cm。ハンドタオルサイズも展開している。
ブランケットと並び、バスタオルも長年に渡って同社の定番商品となっている。愛用しているサーファーも多いのではないだろうか。
愛用者はすでにご存知だとは思うが、バスタオルと言っても用途はただのタオルにとどまらない。ブランケット同様に美しい柄を活かして、自宅ではソファーカバーとして活躍するし、夏場のキャンプやフェスでは毛布代わりにかけたり、フロアに敷いて使うのもあり。
ウールブランケットよりも手軽に洗えて、価格が手頃なことも人気のポイントだ。
ペンドルトン
肉厚のコットンを使っているので、洗濯機で丸洗いできる。もうひと回り大きい102×178cmも揃う。


2/2

RANKING