OCEANS

SHARE

2021.02.07

ライフ

三代目 J SOUL BROTHERS・岩田剛典さん「悔しい思いをするほど成長できる」

パフォーマーであり役者でもある三代目 J SOUL BROTHERS・岩田剛典さん。
 涼しげな表情とは裏腹に芝居に対する気持ちは熱く、貪欲、そして泥くさい。後編ではそんな演じることへの熱い思いを語ってもらった。
前編はこちらから
 

主演映画で自身が演じたキダとの共通点は冷静な判断力と強い情熱

「比較的周囲の意見を聞くタイプだとは思いますが、お芝居だけは自分の感覚しか信じません。自己評価が悪かったときは、次の現場へのモチベーションがすごいですね。『次を見てろよ』みたいな(笑)。そういう気持ちは昔からありますし、今後もなくなることはないと思います。
どんなに周囲が評価をしてくれても、自分の中でダメだったらそれはもうダメ。僕はネガティブな気持ちからモチベーションを引き出すタイプなので、悔しい思いをするほど成長できているように感じています」。
コート33万円、ニット13万円[参考価格]、ポロシャツ4万6000円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン 0120-95-2746)
芝居への熱量はわかった。だが、こうして自分自身のことを俯瞰で見られることも、役者としての才能である。どこか他人事のように、冷静に自己分析をする岩田。
「もともと“気にしい”なんです。自分の意見を譲らないところもありますが……(苦笑)。今の自分は役者であると同時に、三代目 J SOUL BROTHERSの一員でもある。
そういった意味ではいろいろな人の人生を背負って活動をしている部分もあるので、モノ作りに対して、いいモノだけを追求して作り上げるという思いもありつつ、ビジネスの面も考えなくてはいけない。クリエイションとビジネス、このふたつがあるから俯瞰で物事を見る癖がついているのかなと。
とはいえ、昔からそういう気質かも。用心深いといいますか、臆病なんだと思います(笑)」。
ここまで自分を客観視できるとなると、衝動的に行動することはあまりないのかと疑問をぶつけると「そりゃありますよ、人間ですから」と、笑いながら答える。
「先日急に休みができたので、友人と一緒に温泉に行きました。急だったのでほぼ無計画でしたが、逆にそれが良かったのかすごく楽しかったです。
温泉も本当に久しぶりで、かなりリフレッシュできました。木々の匂いなど、自然の空気に触れたおかげで心身ともに癒やされました」。


2/2