OCEANS

SHARE

2021.01.29

ファッション

パンツの丈問題を快刀乱麻。軽やかな着こなしのヒントは“九分丈”だった

パンツ事情も多様化が進む昨今。
太さや裾の絞りにかかわらず、軽やかな着こなしの大人に共通していたのが九分丈レングス。
もっといろんなボトムスで試してみたくなってきた!
パンツの丈問題を快刀乱麻。軽やかな着こなしのヒントは“九分丈レングス”だった!
パンツ/フランス軍、ジャケット/アメリカ軍、パーカ/キャンバー、靴/パラブーツ、帽子/ロトト
中村彰宏さん Age 40
パーカとジャケットのレイヤードにバックパック。そんなトップスのボリュームに負けない、潔い太パン。骨太なアイテム多めで男らしくも、裾のロールアップで軽さを出せば野暮ったくならない。
 
パンツ/コム デ ギャルソン・オム プリュス、ジャケット、カットソー/ともにサカイ、サンダル/スイコック、帽子/エンダースキーマ
村部 率さん Age 33
一筋縄ではいかない、冬場のサンダル。でもソックスの覗かせ方が完璧であれば、問題なし。それをモードブランドのテーパードパンツで、自然体にこなすところが決め手である。
 
パンツ/古着
松田純哉さん Age 40
季節感、トレンド感たっぷりの太畝コーデュロイのパンツ。古着だけど、このレングスなら古く見えない。


2/4

RANKING