OCEANS

SHARE

2020.12.21

あそぶ

【実験】ランナー最注目ブランド「On」の“クラウド”シリーズ3足を履き比べてみた

「勝手に履いて“RUN”キング」とは……
迷えるランナーたちの悩みに直に効く「勝手に履いて“RUN”キング」では、オーシャンズが気になるランニングシューズを厳選し、滅多履き。
第2回はスイスの新鋭「On(オン)」の世界特許技術「CloudTec」を使用した3大人気モデルを履き比べ!
前回のクラウドに引き続き、ランシュー界隈のご意見番、フリーライターの南井正弘さんに、それぞれの機能を検証してもらった。
南井正弘●フリーライター。主にプロダクト担当としてスポーツブランドで10年間勤務後、ライターに転身。スポーツシューズ&アパレルやスニーカー分野への造詣が深く、ランニングギアマガジン及びポータルサイト「Runners Pulse」の編集長も務める。フルマラソンのベストタイムは3時間52分00秒。
前回のレビューで、Onを象徴するクラウドのことは分かった。さて、ブランドのサイトを見てみると、あれ? クラウドが……なんか、いっぱいある!
同モデルをベースに、ランニングのスタイルによってモディファイされたモデルが多数展開しており、その数はザッと20モデル前後あるではないか。
種類の豊富さもOnの魅力。www.on-running.com
そう、とにかく種類が多いのだ。初心者から上級者まで、幅広く履けるのがOnブランドの特徴ながら、これだけバリエーションが豊富だと、どれも気になるし、迷ってしまう。困った……。
実際のところ何が違うのだろう? 教えて~、南井さん!
 

勝手にクラウドの3大人気モデルを解説!

1.「Cloudswift」=ハネる、高い反発力
1万7380円/オン・ジャパン 050-3198-1181
Cloudswift(クラウドスウィフト)は、街を舞台に走るランナーたちの強い味方。南井さんは履いた感触から、同モデルの特徴についてこう語った。
「ずばり、ハネ感ですね。Helion(ヘリオン)っていうミッドソール素材を使っていて、これが軽くて反発力があるので、クラウドよりもハネる感覚が強い。また、足型が幅広の人が履いても違和感のないゆったりシルエットは、日本人に適していると思います」。
1万7380円/オン・ジャパン 050-3198-1181
アーバンラン用に設計されたというスーパーフォームHelionは、軽量ながら優れたエネルギー変換と耐久性を発揮してくれる。シティランにおいて、固い路面から伝わる衝撃を吸収し、それを強めの反発に還元してスピードを生み出す。
5km前後のランにも、休日にする長めのランにも対応可能な幅の広さも魅力。スウィフトの名の通り“素早い”走りを欲している人にオススメの一足だ!


2/3

RANKING