OCEANS

SHARE

2020.11.03

あそぶ

街でもレジャーでも楽しめる! ビギナー向けマウンテンバイク3選

「自転車ライフ 2.0」とは…… 
1980年代の自転車シーンを牽引したのは紛れもなくMTB(マウンテンバイク)だ。オフロードレースでの走りは力強く、障害物を飛び越えるその姿はクール。余波は街へ波及し、すぐにシーンの最先端となった。そして今もまた――。
話を聞いたのは…
大澤知秦さん
ワイズロード屈指の自転車愛を持つ男。現在乗っている愛機は、ロードバイクが『オルベア』のオルカ、グラベルロードバイクが『ボムトラック』のフック2。
 

特徴は? 魅力は? 今、なぜMTB?

マウンテンバイクは、その名のとおり、山を駆け回れるように設計された自転車である。車でいうところのRV車といえばイメージしやすいだろうか。

タイヤは悪路にも耐えられる“ブロック”と呼ばれる凹凸を実装。車体とホイールをつなぐフォーク部分には地面からの衝撃を吸収する“サスペンション”を内蔵している。

一見、オーバースペックに見えがちだが、これがまたタウンユースにも効果を発揮するらしい。大澤さんは言う。
「ロードバイクやクロスバイクのタイヤは細いので、ちょっとした歩道の段差や車道の凸凹もやや不安になりますが、マウンテンバイクだとタイヤが太く、サスペンションも効くのでまったく気にせず走れます。安定的にバリバリ楽しく走りたいのであれば、もしかしたら街乗りにいちばん適している自転車かもしれません」。
今やタウンユースとしても浸透しつつあるMTB。そのきっかけがタイヤサイズの変更だとか。

「以前は、タイヤの外径は大半が26インチでしたが、最近は27.5インチや29インチが主流です。かなり乗りやすくなったと思います。通勤用だけでなく、アクティブに動きたい人も増えてきているので、そういった方々にもMTBは選ばれています」。
というのも最近、MTBを楽しめるコースや施設が増えているのだという。
「昔は山間に作られた専用のオフロードコースへ行かなければ楽しめませんでした。しかし、今は東京などでもMTBを楽しめるコースが作られています。起伏やスラローム、ジャンプ台もあるので、週末、車に自転車を積んで、アクティブに楽しみたい方にはおすすめですね」。
さらにここ数年、キャンプ場で自転車を楽しむ大人も増えているという。砂利道もものともしないそのスペックは、アクティブ派の俺たちにとって最高の乗り物になりうる。街でもレジャー使える現代のMTB、これを買っておけばまず間違いない!というモデルを3つ、厳選してリコメンド。


2/4

RANKING