OCEANS

SHARE

2020.10.18

ファッション

アシックスの最新ランシュー。ビギナーにうれしい5つの“買い”ポイント

エントリーモデルからハイエンドモデルまで、ランニングシューズは実に種類豊富だ。選択肢が多いのはうれしいが、初心者がプロレベルのモデルを履くと逆効果だという話もある。
何を選ぶのが正解か、その見極めはなかなか難しい。
そこで、この秋ランニングデビューする人にオススメの一足が登場した。初心者から中上級者まで多くのランナーに選ばれているアシックス「GT-2000」シリーズの最新作である。

ランニング時には、体重の3倍もの負荷が脚にかかると言われる。だからこそ、ランナーは自分に合ったランシューを見つけることが大切だ。ランニング初心者も例外ではない。
今回登場した「GT-2000 9」、ビギナーもチェックすべき注目ポイントを5つに分けて整理しよう。
1万2800円/アシックス(アシックスジャパン 0120-068-806)
①新素材が生んだ究極のフィット感
新たにアッパーに採用された、ソフトで一体型のシームレスメッシュは大きな魅力だ。より軽量で伸縮性に富んでいるうえに、通気性も抜群。
生地の縫い目を排除したことで生まれる足あたりの良いフィット感で、ほかにはない履き心地を体感できる。
②日本人に合う足型デザインが快適
今作では足型もアップデート。前足部に適度なゆとりを持たせつつ、踵部は包み込むようなホールド力を発揮。
日本人の足に合うようデザインされた設計に、日本ブランドとしてのこだわりが光る。

③ソールに詰め込まれたテクノロジー
アウトソールには複数のノッチ(小さな切れ込み)を配置。靴底が路面に接触した際に、ノッチ部分が柔軟に変形して柔らかく地面を捉える。
ミッドソールには軽量でクッション性の高いフライトフォームに加え、アシックスが誇る衝撃緩衝性「ゲル(GEL)」を実装。耐衝撃性に優れ、安定感をも高めてくれる。
1万2800円/アシックス(アシックスジャパン 0120-068-806)
④カラバリ&足幅の種類が豊富だ
カラーバリエーションは全4種類。さらに、ウィズ(足幅)に合わせてスタンダード、ナロウ、エクストラワイドと展開しているため、より多くの足型がカバーリングされている。
カスタムオーダーとはいかないまでも、エントリーモデルでこれだけ選べるのであれば万々歳。
⑤初心者にうれしいコスパ
最後はコストパフォーマンスの高さ。これだけのスペックを備えて1万2800円という価格設定は、正直にうれしい。三日坊主になることを警戒する大人たちにも手が出しやすいってものだ。
 
ビギナーからベテランまで、さまざまなランナーの要求に応えるマルチユースな一足。この秋にランシューの新調を検討しているなら、ぜひ最有力候補として頭の片隅に入れておこう。
 
[問い合わせ]
アシックスジャパンお客様相談室
0120-068-806
原嶋鉄人=文


SHARE

RANKING