OCEANS

SHARE

2020.10.29

ファッション

体感的にも精神的にも心地良いデニムの共通項=サステイナブルであること

今年の夏はとても暑かった。陸地はもちろん海も高水温。大規模な降水帯や台風が発生し、落雷による山火事や多くの水害に見舞われた。これらが毎年のように「観測史上最大」を更新している。
気候変動の多くを語るつもりはないが、今まで以上に、多方面にわたってサステイナブルな視点が求められているのは感覚的にわかる。
我々と同じように、多くのブランドがそんな感覚を大事にしながら「今できるサステイナブル」に取り組んでいる。製造過程においてはもちろん、フェアトレードや物流面にいたるまで。
そうして出来上がったサステイナブルなデニムには、体感的心地良さと精神的心地良さの両方が備わっている。
 

「トムウッド」のジャケット

サステイナブルなデニム
デニム7万4000円、Tシャツ1万7000円/ともにトムウッド(ステディ スタディ 03-5469-7110)、パンツ3万5000円/マーカウエア(パーキング 03-6412-8217)
この時季、アウター的にも使えるデニムシャツは実に重宝する。
製造過程での水の使用量削減、合成化学薬品の不使用、従業員の労働環境改善など、多角的・多面的サステイナブルを実践した代物。
 

「デンハム」のデニム

デニム4万円/デンハム(デンハム・ジャパン 03-3496-1086)、ブルゾン4万7000円/マーカ(パーキング 03-6412-8217)、スニーカー1万5000円/ムーンスター 0800-800-1792
人気のテーパードモデル「レイザー」を天然ゴム配合の生分解性ストレッチデニムで製作。生地にはプラスチックをいっさい使用せず、金属製のリベットの数も減らしている。
本モデル購入者にはもれなくエコバッグ付きというのも、今の時勢に相応しい。


2/2