OCEANS

SHARE

2020.09.20

ニュース

こっそりリニューアルしたビルケンシュトックの新宿店が面白いことになっていた!

5月26日、新たなコンセプトショップとしてリニューアルオープンしたビルケンシュトックの新宿店。
外出自粛期間中ということもあり、大々的に宣伝していなかったものの、実は“ここだけ”の面白いサービスがあるという。
そこで、急遽取材を敢行。そこで見たものとは?

外観は、円の中に逆さまのフットマークを描いたロゴが目印。これは、足から健康をサポートするというビルケンシュトックの企業姿勢を表したものだ。
そのほかにも、特徴的なファサードや木製の扉など趣向を凝らしたデザインに。さぁ、その扉を開けよう!
 

リペアの達人が常駐する“国内初”のマイスタールーム

「靴が傷んできたけど、愛着もあるし、もう少し履き続けたい」。そんな要望に応えてくれるのがマイスターによるリペアサービスだ。一足の靴を長く愛用して欲しいというビルケンシュトックの想いから、新宿店では国内初となる「マイスタールーム」が設置されている。
専門知識と技能を備えた熟練のマイスターが、フットウェアの悩みをカウンセリング。アッパーの艶出しからソールの張り替えまで、愛用のビルケンシュトックを長く履き続けられるようにサポート。
この道で十数年ものキャリアを積んできたスペシャリスト、前川 雄さんがフットウェアのお悩みに応える。
また、9月11日より始まった新サービス「マイスターズトリートメント 」では、一般的なレザートリートメントとは異なる方法で、レザーの艶出しを行ってくれる。新品にはないヴィンテージのような風合いや、自分だけのテクスチャーなど、さまざまな表情を作り出してくれる。
マイスターズトリートメントを施したフットウェアも発売。トウがピカピカ。こんな“ビルケン”見たことがない!
前川さんが愛用する仕事道具。これらによってフットウェアは生まれ変わる。


2/2

RANKING