OCEANS

SHARE

2020.09.15

ファッション

女性も納得なワンマイルスタイル。成功の4条件をスタイリスト新居由梨さんが伝授

“ちょっとコンビニまで”のゆるっと楽ちん、ワンマイルスタイル。それがいつの間にか、“部屋着そのまま”になってはいないだろうか。
そこで「ワンマイルとはいえ、家の外」と警鐘を鳴らすスタイリスト・新居由梨さんが、ワンマイルスタイルの極意を伝授! オーシャンズ読者に手ほどきしてもらった。
 

「上下スウェットでいくなら柄の力を借りましょう」

アメカジ感たっぷりのバンダナ柄のパッチワークが楽しいジャケットを。
ニットキャップを浅めに被れば、こなれ感2割増。パーカはよく見るとクレイジーパターン。ワンクッションのパンツが今の気分! ジャケット4万8000円/オールド パーク(ヘムト PR 03-6721-0882)、パーカ3万3000円/レイニング チャンプ(サザビーリーグ 03-5412-1937)、パンツ1万8000円/エバーラスト(サードオフィス 03-6825-8501)、スニーカー6万5000円/ゴールデン グース(ゴールデン グース 東京店 03-6803-8272)、ニットキャップ1万2000円/N.ハリウッド テストプロダクト エクスチェンジサービス(ミスターハリウッド 03-5414-5071)、サングラス1万8000円/A.D.S.R.(シック 03-5464-9321)、バッグ2万5000円/フット・ザ・コーチャー(ギャラリー・オブ・オーセンティック 03-5808-7515)
「王道のグレーのスウェット上下をお洒落にこなすなら、存在感のある柄に頼りましょう。例えば、アメカジ感たっぷりのバンダナ柄のパッチワークが楽しいジャケットを。とってもチャーミングです♡」(新居)。
渡辺紀之さん Age 41 の感想
「西海岸っぽいカジュアルが好きだった20代を思い出しました。懐かしさと新鮮さがどちらも味わえるっていいですね」。


2/4

RANKING