OCEANS

SHARE

2020.08.27

ファッション

夏こそトラッド! ウェルドレッサー鴨志田康人さんに聞く、暑い日の着こなし術

トラッド服は、格好いい。年を重ねた今こそ取り入れたい気持ちもある。が、一方、日本の夏は亜熱帯並みの猛暑。ゆえにできるだけ軽装でいたいのだが、オーシャンズ世代がだらしなく装えば見栄えは最悪に。
そうか、夏こそトラッドか。そこで、世界からも注目されるウェルドレッサー、鴨志田康人さんに、夏トラッドの極意を直撃。
「若々しすぎて敬遠していたが、年を重ねてこそ似合うように」と愛用するのが、夏素材のシアサッカー。
「若々しすぎて敬遠していたが、年を重ねてこそ似合うように」と愛用するのが、夏素材のシアサッカー。こちらは、鴨志田さんが手掛けるアメリカンブランドのダブル仕様。ジャケット6万9000円、パンツ2万9000円/ともにポール・スチュアート(ポール・スチュアート ギンザ タイムレス エイト店 03-5537-5634)
「品があって清潔感のあるものが好きなんですよ。ただし、往年のルールに縛られると、どうしても古クサさが漂ってしまうので、できるだけリアリティのある“今”を表現するように心がけています」。
例えば、夏素材であるシアサッカーのスーツも襟付きのシャツを合わせると堅苦しいが、白Tにするだけでヌケ感が出る。取材当日もまさにそんな出で立ちだった。
「時代性を出すポイントは、カラーリングとボリュームです。夏は着用点数をできるだけ抑えたいですが、引き算しすぎても面白くない。このあたりの塩梅も大事です」。
「ゆったりしたフィット感と少し肉厚なボディの素材感がお気に入り」と愛用しているのが、こちらの白Tだ。
「ゆったりしたフィット感と少し肉厚なボディの素材感がお気に入り」と愛用しているのが、こちらの白Tだ。「常に新品を用意して、サイズを変えて何枚も持っている」というマイ定番だ。8000円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230


2/3

RANKING