OCEANS

SHARE

2020.08.23

ファッション

シティ派こそ知っておくべし! 目からウロコのボードショーツ学

海とは無縁? そんなキミにこそ読んでほしいボードショーツの話。
今やサーファーだけのものではないこのアイテム。デザインやシルエット、はき心地など、ファッションとして街で楽しめるものがリリースされているのだ。
 

ALMOST オルモスト

目からウロコのボードショーツ学/オルモスト
2万3500円/オルモスト(オルモストkmsj allmost@almost-kmsj.jp)
長くファッションの世界の第一線で活躍し、趣味人でもあるファッションディレクターの近藤晶氏が手掛ける「オルモスト」から、シティ派に向けた海でも街でもはけるショーツが登場した。
50代に入りサーフィンを始め、今ではいい波を求めて千葉・一宮にセカンドハウスも所有する近藤氏の閃きが込められたこのショーツ。フルレングスのパンツを作る工程で作られているため立体的で、かつストレッチ性もあるのでサーフ中は動きやすい。
そして速乾性が高く、アフターサーフには美しいシルエットによる着こなしが楽しめる。まさにビーサンからローファーまでを合わせられる、都心と郊外を行き交うライフスタイルを送る人におすすめだ。
また「オルモスト」は、受注会やポップアップなどでオーダーされた分だけを生産するブランドであることも注目したいポイント。余剰を省く姿勢はとても現代的で、手に取る側は稀少性によるプレミアム感を味わえる。
 

BIRDWELL for RHC バードウェル フォー RHC

目からウロコのボードショーツ学/バードウェル フォー RHC
1万7000円/バードウェル フォー RHC(RHC ロンハーマン 045-319-6700)
カリフォルニアのサンタアナで、1961年の創業以来、ハンドメイドではきやすく丈夫なサーフトランクスやジャケットを作り続けている老舗ブランド「バードウェル」。
こちらはクラシカルな顔つきながらモダンにリファインされたRHCの別注作だ。
モダン化の一例は、スリーホールによる編み上げタイプが主流なウエスト部分をワンホールにし、腰で落としてはけるようなデザインにしたこと。またスラッシュポケットも装備。品良く、機能的に街ばきできるトランクスとなったのだ。
もちろんサーフ時のクオリティも抜かりなし。バックポケットは現行より高い位置に設定し、サーフボードの上に座ったときにあたりにくいなどディテールの調整もなされている。
そして背面のブランドネームは往年の仕様のままとして「バードウェル」らしさをキープ。そこにRHCのピスネームを添えてフィニッシュするといった、細かな配慮がなされた逸品なのだ。


2/2

RANKING